<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2010年 09月 30日

ぽんぽこぶろぐ。①→②へ。

ぽんぽこぶろぐ。は、今後こちら→ぽんぽこぶろぐ。②にて進行していきます。

よろしくお願いします。
[PR]

by ponpoko129 | 2010-09-30 23:59
2010年 09月 12日

2010/9/12(日) 福井CUP 2010

リードコンペの緊張感を国体前に一度味わっておこうということで、
2005年以来の福井カップに、今回は我々夫婦&リクBON!で参戦してきた。

決勝まで進めれば、男子は3回、女子は2回登れる。
しかも、普段のジム登りではなかなか味わうことの出来ない本番の緊張感の中で。

3人とも、まずは決勝進出が目標。
予選は一番右の壁で、なんと男女同一ルート。

終了点取りで危ない場面はあったものの、なんとか完登。
男子は6名、女子は2名完登で、トップタイで予選通過。

まずは1本登り切れたのでホッとした。
12Aはあると思ったけれど・・・。

決勝は、男子の準決勝と同一ルートと思いきや、女子には女子用のホールドが幾つか足された左壁のルートを登る。

オブザベしたときに、中間部がボルダーっぽいムーブになるような気がした。
その箇所のことばっかり、直前まで頭の中で考えていた。

しかし、実際その箇所は全くボルダーっぽいムーブにはならず、むしろ易しいセクション。
ここでレストするなりして、気持ちを切り替えてから行けばよかったのに・・・。

勝手にテンパって、入ってしまったボルダーモードのスイッチを切ることが出来ずに、
ここのハングの一連を早く通過したいという一心から、久しぶりに例の病気が出てしまった。
ここ最近、3年くらいは出てなかったから、もう大丈夫なんかなーと思ってたのに・・・。

明らかなムーブ選択ミスで自滅。
『最後に出てきてそこで終わるか~?!』的雰囲気が観客の皆様から漂いまくってた・・・。
私も穴があったら入りたかったですよ、ええ。。。

というわけで、決勝に進んだ3人の中で軽く最下位に転落。。。
まあ、情けない結果にはなってしまったけど、これが国体本番でなくて本当に良かった。

自分の中では塞がっていると思ってた穴が塞がりきってなかったことがわかったので、
今度こそその穴をきっちり埋めるべく、本番まで仕上げていきたいと思う。

失敗したコンペの方が実際得るものは大きい。
・・・ということにしておきましょう(笑)。


嫁がダメなときは旦那様が頑張ってくれるもので。
一般男子でなんと、中山君が奇跡的に優勝!!
e0149092_23434727.jpg

彼にとって初めてのリードコンペでの勝利。
県予選以外でリードコンペ自体にほとんど出たことなかったもんねー。
なにはともあれおめでとうさんでした。
e0149092_23435655.jpg

リクBON!も決勝に残り、大阪チームペアのA木さんと同着4位。
彼なりに健闘したようですが、中山君に敗れたことは大変悔しかった模様(笑)。
果たして国体本番で雪辱は晴らせるのか?!


それにしても、5年前に同大会に参加させてもらったときからは考えられないくらい、
今回はジュニアクラスの参加者が多く、はっきり言って一般男女クラスよりも盛り上がってた。
時代の流れを非常に感じたなー。


久しぶりのリードコンペは、自分にとってはちょっとほろ苦い一日になってしまったけど、
コンペの緊張感やアップの仕方、自分の現状を知る意味でも、参加させてもらって本当によかった。
運営に関わられた全ての皆様に感謝します。
有意義な一日を、本当にありがとうございました。
[PR]

by ponpoko129 | 2010-09-12 23:47 | リードコンペ
2010年 09月 05日

2010/9/5(日) CEROボルダリングコンペ

この時期恒例になりつつある広島・CEROのコンペに今年も参加してきた。

今年は私が土曜出勤だったので、去年みたいに前日入り出来ず、当日の早朝出発。
広島はすごく遠いイメージがあったので、間に合うんかなーと不安になりつつも、
到着してみるとばっちり9時前。
ウツさん、監督、ケンボー、田中ちゃんらとも無事合流し、受付。


昨年の9月からCEROのオーナーとなったゲンさん。
ゲンさんの手によってCEROは1年でより快適な空間に変化していました。
e0149092_7453527.jpg

今回は、コンペ課題以外のホールドは全部外されていて、
運営側は大変だったろうなーと思うけれど、選手側としては課題に集中出来るし、
とても登りやすくて有難かった。


セッターとして九州からなんとマッキムさんも!
佐賀でクライミングジムをオープンさせるんだそう。こちらも楽しみです。
e0149092_7455024.jpg

そして、相変わらずパワフルなヨコちゃんと、真っ白でふわふわのハルちゃん。
暑い中、ハルちゃんは泣きもせず、お母さんの背中でずっといい子にしてました。
e0149092_746169.jpg

さて競技は、予選が45分×2ラウンドのセッション方式。
課題数は42,3課題くらいだったような。
e0149092_7464216.jpg

開始5分で皆汗だくだく。
ウナギ並にぬるぬる状態。

易しめの課題をいくつか登ってから、茶色テープ(3級くらい)の課題を一通り登る。
で、その後は緑テープ(2級くらい)の課題にトライ。

スラブ以外の緑テープは一応全部触ってみたけれど、登れたのは2課題のみ。
1階のルーフの緑テープは登れそうな気がしたものの、易しい課題を結構登り残していたので、少ない残り時間で慌ててそちらの消化に回る。

何せ1課題1ポイントなので、自分の登りたい課題を楽しんでる場合ではなかった。
1階の壁は順番待ちで随分時間を取られたので、
易しい課題でも登り残してしまうんじゃないかとヒヤヒヤもの。
結構ギリだったけど、時間内で登れそうな課題は登ったかなー。

なんとかトップ通過でき、いよいよ決勝。
今回はオンサイト1回きりのトライではなく、オブザベ込みの4分間で1課題勝負。

やっぱり決勝は、毎度のごとく緊張する。
出走順はラスト。

名前呼ばれて2階のルーフ壁前へ。
決勝課題は、ホールドはそこそこ良さげだけど、ルーフでかなり被ってるし、
手数が多いので、1回目のトライに勝負を賭けるつもりでスタート。

いつもみたく、あたふたとホールドを探して視線を彷徨わせることもなく、
意外と冷静にルーフの中は対処できたかなと思う。

しかし、ルーフから抜け出てきてからの悪ジブスへの足上げが思いのほか悪く、
終了点1手前のポッケもしっくりきてないなーと思ったら、ぷりっと・・・
ぷりっとポッケから手が抜けて呆気なくフォール。

あう~~。。。
このトライに賭けてたのに。。。

2回目は時間ギリギリまで待ってスタート。
しかし、やはり集中力が軽く切れてしまったようで、
ルーフの中でポッケホールドがすっぽ抜け、これまた呆気なく、そしてなんだかこっ恥ずかしい終わり方・・・。

近ブロのときもそうだったけど、最近1回目より2回目の高度が下がるパターン多過ぎるような気がする。
体力が落ちてるのか、それとも集中力の持続が出来ないだけなのか。

まあ反省点はあるけれど、それなりに自分らしい登りが出来たし、
何よりもコンペを十分楽しませてもらえたので良しとしよう。

男子は、チーム兵庫は中山君がかろうじて決勝進出。
他の皆は、あと1歩のところで足切りを食らってしまって残念だった。
彼らの普段の実力を知ってるだけに、経験値の差としか言いようがないかも。

今回の決勝進出の面子を見ると、中山君がずば抜けて小さく見えた。
年齢はダントツに上なのに、体はダントツに小さい。

同じ課題にトライするのさえもかわいそうに思えたが、彼なりに善戦し、4位。
あのメンバーの中では上々ではないかと。


今年も夫婦揃って十二分にコンペを楽しむことが出来たので、疲れはしたけれど大満足。
ゲンさんをはじめとするCEROの皆様、暑い中お疲れ様でした。
そして、楽しいコンペをありがとうございました。

リザルト主催者のレポート


コンペ終了後は、もはや恒例となりつつあるYAHHO&お好み焼き。
e0149092_7464770.jpg

また来年も行けたらいいなー、広島。
[PR]

by ponpoko129 | 2010-09-05 23:56 | ボルダーコンペ