<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 02月 24日

2008/2/24 笠置

どんなに寒くても、日曜は登りに行こうと思っていたけれど、玄関開けて庭に雪積もってるのを見て一瞬萎える。でも、気持ちを奮い立たせて、風邪がスッキリしない中山君にも無理を言って笠置へ。

やっぱり雪積もってるしー。。。
でも、先日来たときよりは全然マシ。
若干ホールドは濡れてる感ありだけど、登れないことはない。
ってなわけで、この前来た時には触れもしなかった2年前の宿題2課題にトライ開始。
まずは「トンネルホール」1級。
c0014756_22562734.jpg

寒いし、あまり他の課題でアップする気にならず、いきなり取り付く。
雪が吹雪になり、時折突風も吹きすさぶ中でのトライ。
2年前は何度やっても上手く右手を寄せてこれなかったけれど、思いの他すぐに登れた。
決して簡単ではなかったけれど、少しは成長したみたい。

お次は「は○金サーブ」(なんちゅー名前や・・・)1級。
これは、2年前にみんなでセッションした課題だけど、私だけ「トンネルホール」が登りたくて途中抜けしてしまった結果、登り残してしまった課題。
すぐに登れるだろーと甘く見てたら・・・
ええ、嵌りましたとも。

足が悪いんだなー、この課題。
今日は、「トンネルホール」よりもこっちの方に嵌った感強し。
まあなんとかかんとかでやっとこ登る。

ふぃー。宿題終わったよー。。。って思ったら、まだ残ってたんだな、実は。。。
今日は、マットもスポットも少ないので自粛したけれど、中流エリアの「ツイスト」。
高さも内容も充分過ぎるぐらいの1級。多分笠置最強の1級。
相変わらず存在感のある岩だった。いつかは登りたいな。怖いけど。。。

で、上流部にて「プッチドミ」(やっぱり「ウナギ」なの?)初段。
でも、どんどんひどくなる霰混じりの吹雪。
払っても払ってもマットに積もってくるし。。。
c0014756_2257358.jpg

リップは案の定びしょってきた。
でもそんなの関係ねー!わけないっしょ。。。

ただ、今日の成果とは言い難い成果(?)は、1手前からでなく、ちゃんと「プッチドミ」のスタートから手が出せたことと、そのおかげで1手目の距離が伸びたこと。
とにかくひたすら1手目を撃ちまくった。
c0014756_22572030.jpg

しかし、私のパワーでは濡れてるリップはやはり止まるわけもなく・・・。
あともう3cm距離が伸びれば、あのツブツブが触れるのに。
もうちょっと・・・あともうちょっと頑張れば。。。

ってなわけで、また次回へ持ち越し~。
宿題2課題が終わっただけでも、少しはスッキリした本日の笠置でした。

本日の成果
[PR]

by ponpoko129 | 2008-02-24 22:58 | 笠置(京都)
2008年 02月 17日

2008/2/17 みにぱ in 江坂

今日は年に一度のCRUXのお祭りコンペ、「みにぱ」当日。
今回で4回目の参加になるけれど、ここ2年は「みにぱ」で凹み気味な私。
今日こそは、楽しくいっぱい登りたい。登れるといいなぁ。。。
そんな気持ちだった。

用意された課題は、V0~V8まで全部で58課題。
最初は中山君、みっちゃん、マキちゃんと、アップがてら簡単な課題をちょろちょろ登る。
V0~2くらいまで登った後、中山君は自分のグレードの課題へと消えていった。
私も今回はV5やV6なんかも触ってみようと思っていたので、先に難しい課題に取り付いてみる。

が、いきなりリーチムーブで跳ね返される。V5からは毎度のごとく、容赦ない。
いくつか触ってみて、登れそうなV5といえばリード壁ルーフ下から始まるトラバースのV5。
前半戦の最後の方に触った為、間に強制休憩を挟んでしまった後は、ボルダーエリアのV4を登るのに夢中になってしまい、ヨレヨレになってからその例のV5に戻ってみるものの、前半戦で行けた高度にすら全く行けず。。。
結局「V5を1つでも登りたい」という目標は達成出来なかった。残念。

でも、今年はV4以下はマイルドに設定されていたのか、今までになくいっぱい登らせてもらえた。
中でも感動したのは、リード壁のボス課題V4。
最初は人の登りを見ても、全く出来る気がしなかった。
しかしリーチがなくても登れるムーブ(それが設定ムーブらしい)を教えてもらって、半信半疑でやってみると・・・
ビックリ。登れちゃった。
登れたことよりも、この課題のムーブに感動した。いやー、これはすごいわ。。。

あとは、ずっと打ち込んでもなかなか登らせてもらえなかったボルダーエリアのルーフ側垂壁課題(奥の方のやつ)V4。
終了間際のヨレヨレの状態で、開いてくる指と闘いながら終了点を取れたときはシビれたなぁ。。。

途中、ボルダーエリアの課題をやってるときに、手汗でホールドがすっぽ抜けてフォール。
スポットに入ってくれた中山君の顔面を蹴飛ばし、鼻血ぶーの流血騒ぎになるというアクシデントもあって(我が夫ながら申し訳なひ・・・)、夫婦ともどもちょっとテンション下がり気味の場面もあったけど、中山君もいつの間にか結構登っていたようで、終わってみたらなんと5位だった。
体調はやはり良くなかったみたいだけど、クライミング自体の調子は昨日に引き続き、まあまあ良かった模様。

私自身は、V5は登れなかったけれど、V4までをきっちり登るという目標は達成できたので、結果としては上出来だったと思う。
今回は、本当に満足するまでたくさん登らせてもらえて幸せ。
天気が良かったから岩に行きたい気もしたけれど、自分の足りないものも再認識出来たし、収穫の多い一日だったなぁ。

CRUXのスタッフの皆様、楽しいコンペを本当にありがとうございました。
そしてコロちゃん、今までありがとう&お疲れ様でした。
これからもオバサンをあんまりいぢめないでください。。。
[PR]

by ponpoko129 | 2008-02-17 23:29 | ボルダーコンペ
2008年 02月 16日

2008/2/16 豊田

早朝出発して、本日も豊田へ。
しかし、昨日から確実に風邪を引いてしまい、熱はないけど食事もロクにとれない中山君。
どうもお腹にくる風邪みたい。

「やめとこうよ~」と私は言ったけど・・・
完登目前の課題があって、岩のコンディションはよさげで、でも体調は悪い。
悪いけれど、ノックダウンするほどではない。
そういう場合、自分ならどうしただろう?多分バ○だから行くだろうな。。。
これで間空くとまた感覚にぶっちゃいそうだし。

というわけで、自己責任の下、豊田へ車を走らせるけれど、途中またも雪国。。。
c0014756_2243666.jpg

大丈夫なのか~?と思いつつ現地が近付くに連れ、晴天の空に。
しかし、この人はやっぱり大丈夫ではない模様・・・。
縄文ハングに着いて、しばしマットに横になる中山君。
c0014756_22434033.jpg

しばらくゆっくりしてから、アップしに一手ロックやパンロックへ。
これだけ古美山に通っておきながら、今日初めて「パンのカンテ」(c)をやってみた。
「パン!」とならなかった。釈然としない登りになってしまったが、まあいいか。

あとは年明けに来たときに登った「カンテでピンチ」(d)を再登。
やっぱり抜けが嫌らしい。中山君は初めて登ったけれど、相当気持ち悪かった模様(笑)。

さて、縄文ハングに戻ろうかと思ったときに、ふと見上げた「やせがえる」(d)のライン。
「ふとっちょがえる」(e)は登ったけれど、実はこちらは登ってなかったんだなー。
2年前に来たときは、打ち込んでも登れなかった課題。
そのときに「この課題はリーチもんだ」と決めつけてしまってた。
それ以来、触ろうともしなかった。

でも今日はなぜかやってみようと思った。なんでだろ?
岩のコンディションは最高だった。
体はぴんぴんに伸びきって、じわじわとしか動けないけれど、ゆっくりゆっくり高度を上げていく。
そして・・・
なんと、本日一回目で登れてしまった。不思議な感覚だった。。。

思わぬ収穫に、気分良く縄文ハングに戻る。
ここからは中山君の時間。
後半部分の練習を少ししてから、本日1回目のトライ。
途中もたつく場面が見られた。
今日は朝ご飯もほとんど食べれてないので力が出ないんだろうと思ったけれど、ここから急に盛り返してきた。
いつもヨレてくると苦しいアンダー連続もサクサクと決め、いよいよ終了点をつかみにいく。
c0014756_22435680.jpg

今日は、終了点を取りにいく左手の軌跡が直線ではなく、曲線を描いた。
そして、安定してマッチ。
え、えぇ~~!!登れちゃった・・・

中山君よりも私がビックリした。
「今日はなんか余裕があったわ」とは本人の弁。
こうして、1ヶ月半に及ぶ「大和」へのトライ(途中カニ旅行や雨の沖縄はあったけどね・・・)は予想外にあっさり幕を閉じた。
何はともあれ、初・3段ゲット。おめでとう!!

その後は、なんか私もモチが上がってきて、「縄文」(e)をやってみた。
男性がやるみたいに4手ムーブでは、足が残らないし可能性を感じないので、右回りムーブで。
でも、右回りの方がムーブ自体は悪いんだなー。
2段くらいはありそう。
でも、不可能だとは思わなかった。
次に来ることはないかもしれないけれど、もし来ることがあればまたやってみたいなーと思った。

その後は大給城址へ。
以前から気になっていた「鯉のぼり」(d)をやってみることにした。
さすがに一撃は無理だったけど、5分くらいのトライで登れた。
その後(e)バージョンもやってみるが・・・
c0014756_22441694.jpg

限定がややこしそうなのと、指皮がごっそりなくなったのとで本日終了。

今日は、天気も岩のコンディションもすこぶる良くて、気持ちの良い日だった。
中山君も念願の「大和」が登れたし、私も思わぬ収穫があったりで、諦めずに来てよかった一日になった。

・・・にしても明日は「みにぱ」。
指皮ないし。ま、自己責任自己責任。。。

本日の成果
[PR]

by ponpoko129 | 2008-02-16 23:37 | 豊田(愛知)
2008年 02月 11日

2008/2/11 笠置

魚さんの召集で、ハシ藻と3人で(不思議な顔合わせ)、私にとっては2年ぶりの笠置。
到着してみると・・・
c0014756_23181946.jpg
c0014756_23183323.jpg

ハイ。雪残りまくり~。
冬の笠置は、課題のある岩には一日中ほとんど陽が当たらないもんで、雪が全然溶けてない。
c0014756_2319323.jpg

おかげでこのように岩はびしょびしょ。何もかも登れそうにない。
久しぶりの笠置やし、宿題の課題を中心にいろいろ登りたいなーと思っていた私は、テンションだだ下がり。。。「トランキライザー」にベタベタに付けられたチョークのお掃除に勤しむ。
c0014756_23191579.jpg

このお二方は「スグル君」3段がお目当てだったので、この課題を登れるように鋭意努力。

c0014756_231925100.jpg

で、なんとか下部のムーブ練習は出来るくらいまでに仕上げ、トライ開始!な魚さん。


私もついにやることが尽きてしまったので、「プッチドミ」初段(なぜか「ウナギ」って呼ばれてる課題)に参戦。この課題は4年前に一度触ってみたことがあるのだけど、スタートが全く出来そうになかったので放置していた。

で、やっぱりスタートで足をセット出来ない(涙)。
何度やっても出来ない。
タッパがないので、右足セットできたと思った途端引き戻されて、ぷらりんぷらりんとなってしまう。
腹立つ~(-_-#)
なので、魚さんやハシ藻が「スグル君」の後半部分の練習としてやってる「プッチドミ」のスタート1手前からバージョンでスタートしてみた。

おー、これなら右足がちゃんとセット出来る!
スタートホールドに右手を寄せるところで少し力を使うけれど。
ここからのスタートだと、核心の左手を出すところまではいけた。
まあこの課題、この左手が止まるかどうかなんだけど。

抜けのムーブも確認。
びしょびしょなのでトップアウトするのはやめておいたけど、例の1手が止まれば大丈夫そう。
お、これはなかなかいい目標課題発見!!

いろんな絡みがあるので、もうしばらくは笠置に行くのは無理そうだけど、また通いたくなってきたー。
他にも登り残してる課題もあるし。
花崗岩の季節も、もう間もなく終わるし、それまでにはもう一回くらいは行きたいなぁ。

そんなこんなで、各自ムーブ練習して、2時半には岩場を撤収。
新大阪にて解散。魚さん、運転ありがとうございましたー。

登り足りなかったので、夕食の後、一撃で登ることにした。
[PR]

by ponpoko129 | 2008-02-11 23:16 | 笠置(京都)
2008年 02月 09日

2008/2/9 豊田

今週もやってきました、豊田。
今回はハシ藻も参加。シマむーちょも来る予定だったけど、前日トラブルの為不参加に。

朝8時過ぎに大給城址到着。
風もなく、寒過ぎず、コンディションは最高。
この前「半生茶」のスタンドバージョン(e)が登れたので、今日はそのSDバージョン(f)をやってみようということに。

まずはアップで適当にトラバースしたり、「生茶」(c)を登ってみたり。
で、「半生茶」スタンドバージョンをみんなで触ってみる。
私以外の2人は初めてのトライ。
でも、2人とも男性には不利だと思っていた1手めもすんなり止めていた。
上手く岩にぴったり貼り付くようなバランスに入れば問題ないらしい。
・・・ということで、特にちびっこ有利でもないみたい。
リーチ差の出ない課題。これですな。

しかし、コンディションはいいはずなのに、チョークが載ってないせいか、やたら2手目の右カチを止めて弾かれる。えーい、もうこの際SDスタートにトライだーってことで、3人でSDバージョン。

ハシ藻がするする~っとスタートを成功させ、ムーブを繋げていく。
スタートムーブ、出にくーい感じで、私は結構苦労してやっとこさコツを得る。
そうこうするうちに、なんと!ハシ藻が登っちゃったよ~「半生茶SD」!!
c0014756_22395873.jpg

「半生茶SD」(f)を登るハシ藻。


びっくらこいた。
生岩は久しぶりとか言ってたのに~。
直前までワイハ&北海道に新婚旅行行ってたのに~。

いやいや、天晴れ。
これに続けとばかりに、私と中山君もトライを重ねるものの・・・
スタートが成功しても、なかなか上手く繋がらず。

というわけで、休憩がてらハシ藻に「ダイヤモンドスラブ」(d)に無理矢理トライさせてみた(笑)。
c0014756_2240992.jpg

改めて見ると、本当にこの岩は美しい。
登れたらきっとすごく思い出に残る課題になるだろうなー。

ハシ藻の1足しかないシューズの爪先裏に穴があき、トライ打ち止めになってしまったので、再び「半生茶SD」。核心の右カチが吸い付くように止まったトライでなんとか登ることが出来た。
嬉しかったー。
c0014756_22402768.jpg

「半生茶SD」を登る。


中山君も登れそうだったけど、指皮がやばそうだったのと、この後の「大和」に差し支えそうだったので、勇気ある(?)敗退(笑)。

雪がぱらつき出した頃、古美山へ移動~。
いつもは盛況な古美山だけど、今日は天気が良くないからか、車の台数も少なく・・・

で、毎度のことながら縄文ハング。
ここでもハシ藻、冴えてた。
あっさり「縄文」(e)をゲット!!
中山君がトライ中の「大和」(g)にすぐさま参戦(笑)。

その中山君、やはり2週空いたのは痛かったか。
手始めにやった後半部分の練習も、なんだか動きが硬い。
前回までなら余裕でこなせていた箇所も危うい。

「これでは最初からなんてかなりキビシイだろうなー」と思って見ていたら、1回目のトライでいきなり終了点まで到達・・・するも、やはりマッチをしようとして撃沈。。。
でも、本日の動き的にはいきなり意外な到達度。
トライを重ねれば、もしや・・・もしや・・・?
c0014756_22405066.jpg

「大和」(g)の終了点をつかむ中山君。
手前の手はハシ藻の手で、心霊ではありません(笑)。


しかし現実は甘くないもので・・・
今日は結局最初のトライが最高到達度。
その後の落ち方はひどかった。。。
急激な気温の変化もあり、上手く体も動かなかった模様。
c0014756_22411468.jpg

トライの間、ぱらぱらだった小粒の雪がどんどんぼたん雪に変わり、気付けば積もり始めていた。
朝はそれほど寒くもなかったのに、雪が降ってるせいか急に底冷えし出した。
もう、今日はこれ以上トライしても高度は上がらないだろうということで、2時に古美山を撤収。
しかしこの後、とんでもない結末が待っていようとはこのときは思いもせず・・・。

うちの車は一応スタッドレスを履いてはいるが、もう溝もかなりなくなってきてて、普通の路面でもたまにスタックするくらいなもんで、帰りの運転はめちゃくちゃ慎重にしてもらった。
にしても、道路激混み。。。ぜーんぜん前に進まない。
c0014756_22412342.jpg

いつも豊田までは、混まなければうちからは4時間。
2時に撤収したのだから、多少の渋滞があっても8時には帰れるだろうと思っていたんだけれど・・・。途中の路面も、スケートリンクのようにちゅるっちゅるに凍ってるところもあってスリル満点。名神は35kmの渋滞で完全にフッリーズ!!
結局ハシ藻を送って家に着いたのは11時を過ぎていた。
9時間もかかっちゃった。。。中山君、本当にお疲れ様。

登れたのはよかったけれど、どえらい結末の1日でした。。。

本日の成果
[PR]

by ponpoko129 | 2008-02-09 23:38 | 豊田(愛知)