<   2007年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2007年 03月 25日

2007/3/25 SCRATCH壁増設記念コンペ & シマむーちょ送別会

今日は、うちの壁を作ってくれたY口君がお誘いメールをくれてたので、和歌山のプライベートジム・SCRATCHの壁増設記念コンペに参加させていただきました。途中大阪ででシマむーちょを拾い、いざ和歌山へ。和歌山って案外近い・・・。大阪から1時間ほどで到着~。SCRATCHにお邪魔するのは初めてですが・・・。な、なんと!!ひろ~い!!これがプライベートなジムですか。すごい、凄過ぎます!!!営業ジムより普通に広いです。広過ぎて写真に収まり切りませんでした。そして他のジムと違う点は・・・マットが凄い!スプリングベッドを100個以上並べてるのでトランポリンの様に跳ねるのです。ぽよよん、ぽよよ~ん、ってな具合に。これは楽し過ぎる!!もう、シマむーちょと2人でひたすら跳ねて遊んでしまいました(笑)。中山君は一昨日に行ったトランポリンのあるジムで激しく体を痛めていたようで、跳ねたら吐き気がすると言って一人ブルー。これからセッションですぜ。大丈夫~?
c0014756_7481334.jpg

12時過ぎから受付が始まり、人もどんどん集まり始め、参加者は40名を越えていたようでした。もっと内輪なコンペかと思っていたのでこれにはビックリ。関西の有名どころもたくさんおられました。
1時からセッション開始。1時間半で19課題をまずはカテゴリー関係なく、みんなでセッション。ジム内にはたくさんの人数がいるにもかかわらず、空間が広いおかげで全く混雑は感じることなく、快適にセッション出来ました。また課題も幅広い層が楽しめるように上手く設定してあり、特に真ん中層に当たる私はすごく楽しめました。ホールドやムーブも多彩で本当に面白かったです。Y口君が私を想定して作ってくれたという垂壁の課題には相当嵌りましたが、なんとか完登出来てハッピーでした♪登れそうな課題は大体登ってセッション終了~。
完登数でカテゴリー分けがされたようで、私はラッキーなことにミドルで決勝に進ませていただきました。でもですねー、決勝進出者6名中4人は男性で、もう一人の女性はF西さん。おいおい、ちょっと待ってくれ~(泣)って感じで、アイソレーションのときはめさめさ緊張してました。コンペって久しぶりだったし。。。セッションは楽しいけれど、決勝のラウンド方式の緊張感はやっぱりなかなか慣れるものではありません。しかも会場の雰囲気からして課題はえらく難しそうだし・・・。で、順番が来たのでおどおどしながら出て行くと、あちゃーー・・・苦手なスローパーが課題のど真ん中に鎮座しとるじゃないですか。その後の手も悪そうだし。。。とりあえずスローパーの次の一手までを目標に取り付いてみました。スローパー、案の定微妙だぁ・・・。というわけで素早く次のホールドを触りにいく。これまたゴミのような中継カチホールド!ひぇ~~もうどうにでもなっちまえ~的に出した次のピンチへのデッドが奇跡的に止まってしまい、一人あわわわ状態・・・。そこからのことを何も考えてなかったので(考えろよ・・・)スタンスも見事に見失ってあほあほクライム全開だったけど、なんとビックリなことに完登出来てしまいました。多分「もう一回登ってみろ」って言われても正直登れないと思います(笑)。いやー、コンペ筋とは恐ろしい。。。

決勝第1課題を登る。
c0014756_7482231.jpg

しかし2課題目ではやはりマグレも起こることなく、皆様に私の恥ずかしい実力をお見せすることとなりました。終わってからも中山君とシマむーちょにしこたまダメだしされまくり。。。だいぶ頭悪かったみたいです。相変わらず読みがなっとらんのと、ムーブの引き出しがなさ過ぎでした。まあ真の私の実力はこんなもんです。。。でもいい反省材料になりました。今後は今回の反省の下にもうちょっと精進致していきたいと思います。第2課題があんなだったのに、優勝とはなんだかすごく恐縮してしまうのですが、でも賞品もいただけて実はかなり嬉しかったです。

エキスパート決勝の皆様の登りは圧巻でした。いやー、凄かった!!こんな人たちが男子にはうじゃうじゃいらっさるのですねー。ホールドの並びだけ見てると不可能に思える課題も的確なムーブの読みと素晴らしい身体能力で登っていく様は本当に素晴らしかったです。いいモノ見せてもらいました。
そんなこんなで一日楽しませていただきました。素晴らしいコンペだったと思います。コンペを企画・運営してくださったスタッフの皆様、本当にありがとうございました。また是非SCRATCHにも遊びに行かせていただきますので今後ともよろしくお願い致しますm(__)m

コンペ終了後は和歌山を後にして、これまたもう間もなく大阪を去って故郷に帰るシマむーちょの送別会を急遽開くことになったので難波の○角へ。みっちゃんも呼び出し、4人で焼肉パーティー。ザッキーの送別会といい、昨日の2次会といい、ここ連日かなり食べ過ぎな感はあるけれど、なんしかお腹が空きまくってたのでひたすら食べました、私とみっちゃんは。男性2人はホントに少食。うちらを見て呆れておりましたな・・・(苦笑)。明日の体重&体脂肪率が恐ろしい・・・。
そんなことよりシマむーちょです。私がクライミングを始めた当時、通っていたジム(レ○ル10)のスタッフだった彼。彼のルートが私のクライミングの土台を作ってくれたと言っても過言ではありません。彼の小難しいルートに何度も跳ね返されながら、でも登りたくてしつこくジムに通っていた頃が懐かしく思い出されます(その頃にはレ○ル10にも11はもちろんのこと、12のルートも何本かあったんです)。彼も指の故障があって、思うように登れない時期もあり、辛かったと思いますが、故郷に帰ってからは本格的にクライミング復帰していくようなので、また全国レベルの大会のリザルトで名前を見つける日もそう遠くはないでしょう。先日のザッキーに引き続き、またまた寂しくはなりますが、新しい門出、これからも仕事にクライミングに頑張っていってほしいと思います(昨日もおんなじこと書いてるな~。。。)。頑張れ、シマむーちょ!!
[PR]

by ponpoko129 | 2007-03-25 23:47 | ボルダーコンペ
2007年 03月 21日

2007/3/21 北山公園【今日という日はなかったことに・・・】

今日はみっちゃんと女2人で北山公園へ。
もう暖かくなってくるだろうし、今日で北山公園もシーズン終了やろなーと思いつつ、まずはバーカーヘッドへ。簡単な課題でアップするけれど、なんかどのホールドもあんまりしっくりこない感じ。もしかして、もしかして・・・。で、まずは「バーカーヘッドトラバース」の後半部分をやってみると・・・ハイ、手がすっぽ抜けて失敗~。まだヨレてもないのに後半部分だけやっても出来ないとは・・・。遠い一手を止めてから右手でスローパーをはたくところなんか全然押さえられないよ~(涙)。これはやはり・・・いやいや、まだ体があったまってないだけなはず、もうちょっとやってみよう。で、なんとか後半部分は無理矢理成功させ、スタートからいざトライ。しーかーし・・・1手目、2手目でもう微妙に滑ってきてる。これまた無理矢理カチ力で押さえ込むが、そんなトライで最後まで続くはずもなく・・・。3トライして本日の最高到達点は遠いスローパーを止めるところまで。そのスローパーも止めた端から滑ってきておりました。。。はぁ~あ。「今日でシーズン終了」ではなく、「もうシーズンは終わってしまって」おりました・・・(T_T)
確かに今日はTシャツ一枚でも全然寒くないくらいの陽気だし、快晴なので岩には常に陽がバチ当たり。花崗岩で自分にとっての限界グレードな課題を登るには、残念ながら今日のコンディションはハッキリ言って最悪でした。そうこうするうちにバーカーヘッドも人だらけになってしまい、とても落ち着いてトライ出来る状況ではなくなったので、あっさり本日の完登を諦めました。次トライするのは12月かなぁ・・・。それまでにはもうちょっとこの課題を余裕をもって完登出来るくらいハイパワー持久力をつけておきたいもんです。
で、その後はみっちゃんの希望で前回2人して敗退した「銅鑼の音」2級へ。
c0014756_7414994.jpg

ここでもシーズン終了を痛感させられることとなったのでした。重要な左手がやたら滑ってくる~!!もうフルパワー保持です。ここの保持はそんなにしんどくなかったはずやのに・・・。それと私はチビッコなのでみんなが使えるスタンスが使えずにゴミのようなスタンスに左足を刻むのですが、足使いが上手いわけでもないので、いつもは保持力で誤魔化してたのが今日はそれも出来ず、ひたすら「とぅーん」と足が滑る滑る・・・。前回前半部分は楽々こなしてたみっちゃんも左手が保持出来ないらしく、2人とも今日はほとんどの時間を前半部分に費やしてしまいました(汗)。途中ハ○ガワさんと○ラさんがやって来られて、もうすでにSDバージョンからでも登っておられるハ○ガワさんにはいろいろムーブのコツなど教えていただきましたが、相変わらずダメダメなうちら2人・・・。○ラさんは最初手間取っておられましたが最後には見事に完登していかれました。やっぱり強ければコンディションなぞ関係ないようです。あーー言い訳がましい文章でスミマセン。。。結局銅鑼の保持がやっとこさで、最後の悪いバランスに耐え切れず、結局これも敗退。来シーズンへの宿題となってしまいました。残念・・・。
最後に気分を変えようということで、パチンコ岩のセッションに冷やかしながら混ぜていただきました。登れなかったけど、今日はこのセッションが一番楽しかったー。指皮も一気に無くなってしまいましたが・・・。日も長くなったのでなんだかんだと5時半くらいまで登って終了。
その後はみっちゃんと関学近くの「道」というお好み焼き屋で反省会(?)。成果なしで若干2人とも肩を落とし気味でしたが、美味しいお好み焼きでお腹が満たされたらあっという間にご機嫌に。まあまた頑張りますか。これからは川原石やね。うんうん。
[PR]

by ponpoko129 | 2007-03-21 23:53 | 北山公園(兵庫)
2007年 03月 18日

2007/3/17~18 西之川

今週末はお初な岩場、愛媛県は西之川に行ってきました。

【3月17日】
早朝明石発で西之川へ。
メンバーはお気楽メンバーなうちら夫婦とみっちゃんの3人。愛媛はやっぱり遠いけれど、日帰りもまあ可能な範囲ということがわかりました。「石鎚ふれあいの里」にてキャンプの手続きを済ませてから岩場へ。初めての岩場で、しかも川原ということで中山君のテンションは上がりっ放し。最近モチが下がり気味でちょっと心配してたけれど、一安心。西之川の岩質は私が知ってる岩だと色や質感などは鳴滝に近いけれど、鳴滝よりもさらに多種多様な岩が混在してる感じかな。この辺りの岩は庭石としても高い価値があるそうな。確かに、岩場周辺に落ちてる石を見ても一風変わった石だらけ。石マニア(?)にはたまらんのでは・・・?
岩場のすぐ近くはロープウェー乗り場があり、スキーやスノボ客でたくさんの人が訪れていました。マットを背負ってる私たちは怪しさ満開の模様で、スノーボーダーたちにやたらガン見されました・・・(^^;)
c0014756_7424144.jpg

渓谷の向こうには雪化粧された山が見えます。ナイスビュー!


で、早速岩登り。とりあえず看板課題いっときますかーということで、いきなり「アケボノツツジ(左)」3級/2級前にマットを敷くことに。この高さはマジでやばい。。。写真で見るよりもずっと体感的には高いです。最初は使えるホールドを探るのに手間取ってしまいました。なんとかムーブも繋がってきて、リップ直前までいくものの、最後のムーブは「えーーっ、マジでーー!?」って感じの超ハイスタンス乗り込み系。右手の位置と並ぶ位の高さにあるホールドにに左足を上げて乗り込む感じ。高さから来る恐怖心と闘いながら、自分ではめさめさ頑張ったつもりだったんだけど、リップまであと2、3センチ届かず、残念ながら敗退。。。中山君のみ完登したけれど、彼も抜けが悪かったみたいで最後で右往左往しておりました。にしても3級/2級というのはちょっと辛過ぎるような・・・。私の体感はちょうど1グレードぐらい違ってて、2級/1級くらいかな。最後のムーブに持ち込むまでも結構悪くて、しんどいのです。課題発表当時よりも下地が50cmほど下がったからでしょうか。。。
c0014756_7425364.jpg

ハイボールな「アケボノツツジ(左)」3級/2級を登る私。とにかく高くて怖ぇ~。。。


いきなり「アケボノツツジ」で洗礼を受けてぐったり気味な私たちは、ちょっと移動して「キレンゲショウマ」付近へ。「キレンゲショウマ」1級/初段、すべっすべ~な課題でした。「これはないなー」と思った私とみっちゃんは、近くの登れそうな岩で遊んでおりました。「緑のマントル」4級を登った後は、クラックの走ってる岩をSDからスタートして、少し限定したりして登ってみました。スタートと最後が案外小難しく、結構ハマってしまい、やっとこ完登。「自称2級/1級課題」ということにしました。
c0014756_7431159.jpg

「自称(?)2級/1級課題」を登るみっちゃん。


中山君は「キレンゲショウマ」を比較的あっさり登ってしまい、続いてSDスタートからもトライ開始。最初はちょっと苦労してたみたいだけど、これまた見事に完登。こういう持ちどころのない、すべっすべ系大好きやね~(^^;)
c0014756_743251.jpg

「キレンゲショウマSD」初段を登る中山君。


最後に「クリーニング」4級や「ヤマサキクリニック」2級(違うかもしれんが・・・)、「ジャストフィット」2級をみんなで登って本日の登攀終了。
c0014756_7432011.jpg

「ヤマサキクリニック」2級を登ってるつもりな中山君(ライン違ってそう・・・)。


「アブアブ」2級の岩を探しながら帰っていってたら、「これ???」とういうのを発見。なんと岩が明らかに転がってる・・・。しかも水際なので取り付けなさそうでした。残念ながら課題は消滅してしまってるようなので、明日は気分を変えて違うエリアに行くことにしました。
夕ご飯の後はお風呂に入ってテントで宴会。懐かしい話題などで盛り上がりました。


【3月18日(日)】
「明日は7時起きな!」とか言ってても、余裕で寝坊するのが私たち3人なのであります。
結局朝ご飯やら撤収作業やらで岩場着は10時頃。適当にアップの後、中山君は「アランチャ」V6狙い。これまたすっぽ抜けそうなホールドでのキャンパス主体の課題です。かなり厳しそうでした。中山君の「アランチャ」トライの合間に私とみっちゃんはまたもその辺の岩で登れそうなラインを手当たり次第登ってみました。大体4級~2級といったところでしょうか。きっともうほとんどが登られてそうだけれど、これがなかなか楽しかったー。課題によってはみっちゃんに先に登られてしまうものもあって、女のサーキットバトルは白熱しておりました(笑)。
c0014756_7433854.jpg

「アランチャ」V6を登る中山君。


中山君の「アランチャ」、登れそうでなかなか登れず、苦労しておりましたが、最後にはちゃんと完登。この二日間でなんだかんだと成果をあげておりました。でも本当の目的にはまだ程遠かった模様・・・。また今度頑張りましょう。
最後に3人揃って「ツノツノ」3級を登って締め。岩のお掃除をして撤収~。
c0014756_7434985.jpg

「ツノツノ」3級を登る中山君。

c0014756_744018.jpg

見よ、このリーチ!!岩をうっちゃろうとお掃除するみっちゃん。


新しいエリアに行くのは久しぶりだったので、疲れはしましたがやっぱり新鮮で楽しかったです。そろそろ花崗岩から川原石へ移行するシーズン。もっとパワーアップしなくちゃ楽しく登れないなぁと思わされた週末でした。
[PR]

by ponpoko129 | 2007-03-18 23:10 | 西之川(愛媛)
2007年 03月 11日

2007/3/11 北山公園清掃登攀【続・調子わるわる~】

今日は北山清掃登攀に参加してきました。今年でこの清掃活動も5年目を迎えられたそうですが、我が家は今回初めての参加です。今シーズンは特にお世話になりましたし、少しでもお役に立てれば・・・と思いましたが、北山公園を利用される方は皆さんマナーが良いようで、なかなか大物に巡り合えず。結構あっという間に清掃終了。戻って来てみて分別するも、そんなにゴミは多くなかったような・・・。でも一年に一度こういう機会があるのはいいことだなぁと改めて思いました。参加された皆様、お疲れ様でした。
(清掃中や集合写真も撮っておけばよかったなぁ・・・)
で、その後は四国な方々と談笑(?)して少しまったりしてから岩登り。アベちゃんは「アゲハ行きますわー」と言うので、inagemanさんを拉致ってバーカーヘッド周辺へ。
c0014756_10301044.jpg

「バーカーヘッド・トラバース」にトライするinagemanさん。


私は今日こそは「バーカーヘッドトラバース」を撃破したかったのですが・・・昨日からの不調はどうやら継続中な模様で、前回マークした最高到達点である、右手カチ保持まで辿り着くことも出来ず。後半部分のみやっても、成功したのは1回だけで、これまたダメダメ・・・。あまりの調子悪さに本日の完登を早々に諦めてしまいましたが、そんな中zがやってくれました!見事に「バーカーヘッドトラバース」を撃破!!
c0014756_10301727.jpg

「バーカーヘッド・トラバース」を見事撃破したz。


一度終了点のガバフレークをつかみ損ねて落ちてしまった時は凹んでおりましたが、やはりパワーがある分、後半のバシバシ系のムーブにも余裕がありました。やりましたな!ろしろし。
で、その後は一旦バーカーヘッドを離れ、アドレナリンへ。
降りていくと先客様が「月影」初段?をやっておられました。この課題やってる人初めて見たー。私はカンテ登りが苦手なので触りませんでしたが、inagemanさん、中山君、zの3人はセッションに混ぜてもらってました。私は中山君と少し「アドスラ」を触りましたが、陽が岩にバチ当たりでコンディションは最悪。1、2回目こそそこそこの高度までいけましたが、その後はなんと1足目で弾かれる始末・・・。というわけで、アドレナリンでは完全に冷やかし状態で撤収~。お騒がせ致しましたーm(__)m
アドレナリン撤収後、もう一回だけ、と皆さんに「バーカー・・・」に付き合ってもらうもやっぱりダメでした。トライされてる人もかなり多くなっていたので、見切りをつけて移動。
そこから少し下ったところに魚さんがいるらしい、との情報を聞きつけて探すもなかなか見つからず、taoさんやアベちゃんを先に発見。えらく難しそうな課題にトライ中でした。そうこうするうちに魚さん発見。遊歩道からは見えにくい、一段上がったところにマットを敷いてなにやら課題にトライしようとしてたところでした。聞くと、5年前の魚さんが登れなかった課題だそうで・・・。
で、四国な方々も集まってきたところで、みんなでセッション!
c0014756_1030332.jpg

「5年前の魚さんを超える課題(?)」を登るinagemanさんとそれを見守るtaoさん。


限定なしバージョン、右カンテ限定バージョン、「アベバウアー(?)」と、いろんなバリエーションが楽しめ、なんだか大爆笑な課題になったのでした。なんでそんなにおかしかったのか覚えていないけれど・・・。四国の方々はいつもええ感じの脱力感と岩そのものを楽しむ心を皆様お持ちです。
c0014756_10304079.jpg

四国な方々と遊んでいただく中山君(笑)。


もう大概ヨレてはおりましたが、最後に初めて「あこがれランド」に行ってみました。
パチンコ岩は大盛況。尾崎さんが「銅鑼の音」2級を紹介してくださったので、みんなで早速トライ・・・するもtaoさん、あっさり一撃!すばらしーー。あまりにもあっさり過ぎてムーブとかよくわかんなかったぞよ。。。魚さんも結構すぐに登り、2抜け。2人はそのままパチンコ岩へ行ってしまいました。その後inagemanさんがすぐに、もう後一手のところまで迫るも、高さもあるので無理をせずに降りてしまわれ、大変もったいなさげー。うちらとともに、最初悪いムーブで無駄に皮をすり減らしまくっていた中山君は、私が必死のぱっちで編み出した(?)ちびっこムーブをささっとパクり、あっさり完登をかっさらっていきました。みっちゃんはリーチがあるので下部はあまり問題なし。しかし銅鑼を片手保持が精一杯。私は下部の確率が悪く、右のピンチが持てたらなんとか銅鑼両手保持まではいきましたが、その後のムーブをもにゃもにゃしてるうちに腕パンパンになってしまい、フォール。。。もうヨレヨレ~の時間切れとなってしまい、結局登れずに撤収と相成りました。うむむ・・・やっぱり今日もダメダメな日でした。今週末の調子の悪さは、ここ最近なかったくらいのもので、少々落ち込み気味。。。ちょっと詰めて登り過ぎたんかなぁ・・・と反省し、来週は少し平日のクライムを押さえ気味でいこうと思っとります。
まあそんなこんなではございましたが、いろんな方々と楽しくセッション出来て、大満足な一日となりました。遊んでくださった皆様、ありがとうございました。また是非遊んでやってくださいませ~。
[PR]

by ponpoko129 | 2007-03-11 23:27 | 北山公園(兵庫)
2007年 03月 04日

2007/3/4 立川渓谷【か、花粉がぁ~~・・・】

朝起きてみると・・・もうたまらんっ!!花粉症でございますよ。ここ最近特にひどいけれど、今朝はさらに格別ひどかった・・・。やっぱり空気清浄機のある部屋と外でテント泊とは比べ物にならんとです。完全に両鼻が詰まって息が出来ないので、仕方なく口で息をしてると、今度は喉が痒い。いや、痒いを通り越して、痛い。目もまともに開かない。頭もボーっとしてて、今からクライミング出来る状況とはとても思えない有様。中山君も昨年から花粉症を発症したけれど、本人は今日まで「自分は花粉症ではない」と言い張ってきた。が、今日のひどい症状には認めざるを得なくなってしまった模様。夫婦揃ってぐだぐだ感を漂わせ、魚さんのメインイベント、「朝立彦」トライに付き合う為、立川渓谷へ。
しかし起きた時間が遅かった為、岩場に着いたのは10時頃。マット背負って降りていこうとしたら、見覚えのある顔が車から降りてきて手を振っている。abeちゃんだーー!!
どうもキモちゃんとこ見て、うちらが立川にいるみたいなので冷やかしに来たそうな。
それにしても暑い~。なんだ、この陽気は?もう初夏を漂わせるくらいの暑さで、岩登りをやってること自体バカらしくなってくる。が、バカなのでとりあえず登っておくことにしました(笑)。
c0014756_7442048.jpg

久しぶりのabeちゃんだよー。


魚さんはもちろん「朝立彦」狙い。私は「言霊」、abeちゃんは有り余る若さでどちらも交互にトライ。中山君は・・・最初「朝立彦」をトライしていたけど、1回だけいいトライをした後はダメダメになってしまったので、「言霊」に初トライ。いきなり1手目で弾かれておりました(笑)。その後徐々には高度を上げてはきてたけれど・・・。
「言霊」は普段ならアップで登るという、東四国を代表するabeちゃんも1手目で弾かれまくっておりました。どうやらabeちゃんの着ぐるみを着たabuちゃんという方だそうです(笑)。しかし最後には「朝立彦」の素晴らしいトライを見せつけてのんびり帰って行きました。あの後「どろろ」は見に行ったんだろうか?
c0014756_744383.jpg

「朝立彦」2段を登る中山君。本日渾身のトライ!


私も「言霊」を頑張ってみました。前回繋がったところまではなんとかいけて、やっぱり最後のランジが出来るかどうか。ひたすら飛んで飛んで飛んで・・・練習しときました。今日わかったことは・・・ランジして振られを止める為にすかさず両手マッチは・・・出来ないということでした。頑張れ~私の右手。片手1本でも振られに耐えるんだーー!!
そして今週末はこれに賭けていた魚さんの「朝立彦」トライは・・・2手目がなかなか止めれずで、今日は厳しそう。日が岩にバチ当たりでコンディションも悪いし。。。
c0014756_7444737.jpg

「朝立彦」2段を登る魚さん。


んでもって、花粉症が悪化の一途を辿る中山君からは、激しく帰ろうコールを連呼され・・・結局魚さんは今週の最大の目標であった「朝立彦」完登を諦めさせられ、2時ごろには岩場撤収~。本当にスミマセン。。。
帰りは徳島ラーメン食べて帰ってきました。以前abeちゃんが教えてくれたお店に行きたかったんだけど、どうもよくわからず。まあ美味しかったので良しとしましょう。しかし魚さんには悪いことしました。水曜友の会、よろしければお供いたしますが・・・ってお前はいらんって言われそうだな。。。(^^;)
[PR]

by ponpoko129 | 2007-03-04 20:43 | 立川渓谷(徳島)
2007年 03月 03日

2007/3/3 鳴滝【スーパーカチヒロ子になれた日・・・】

週末の予定がやっと前日の晩に決まり、本日早朝にいつものごとく魚さんが我が家へお迎えに来てくれました。瀬戸大橋を渡り、毎度のごとく朝食に讃岐うどんを食してから岩場へ。先発隊(z&まさきさん)はもうとっくに到着して登ってるらしい。私たちも10時半過ぎに駐車場に到着して降りてった。先発隊はおそらく上流側の「バットマン」2段にいると思われるので、魚さんはそちらに向かったけれど、私と中山君はやはり最下流の「カチヒロシ」へ。
今日こそは「カチヒロシSD」=「スーパーカチヒロシ(仮称)」をゲットしたーい!!けれど、気持ちとは裏腹に、なんだかダメダメ・・・。前回、前々回と、リップをはたくところまでは行ってるにもかかわらず、今日はその手前のカチを保持することも出来ない。何度も体が剥がされる。明らかに調子悪い~。カチる指もものすごく痛い。。。私がダメトライを繰り返す中、中山君がなんとこれまで登れなかったのが嘘のようにあっさり、本当にあっさり「スーパーカチヒロシ(仮称)」をゲットしてしまった・・・_| ̄|○
いつもは人に「空気読めよ~」とか言ってるくせにーー。その後「バットマン」をあっさりゲットしたらしいまさきさんやあと少しのところまでいってるらしいzもこちらの様子を見に来たけれど、どうも私自身今日はなんだか集中出来ていないような気がする。出るのは溜息ばかり。本日の敗退が色濃くなってきた頃、誰かがこちらに向かってやってきた。服装からしてだいぶん怪しい。はて、誰だ??
c0014756_7415954.jpg

こ、このお方は・・・丸顔キモちゃんでした♪


ザックにロープやらアブミやらお掃除道具を詰め込んで、どうも開拓作業をしに来たらしい。「カチヒロシ」の岩近くの大きなランディングの悪い岩をお掃除し始めたけれど、すぐに飽きてしまったのか、のぼのぼ開始!
c0014756_742185.jpg

「カチヒロシSD」=「スーパーカチヒロシ(仮称)」を登るキモちゃん。


キモちゃんのムーブ、ビックリしたなーもう。この課題ってホントいろんなムーブがあるんよねー。改めてこの課題の素晴らしさを認識できた気がする。「カチヒロシ」もええ課題やけど、SDバージョン「スーパー・・・(仮称)」も本当に面白いですぞ。
c0014756_7422974.jpg

「2次会」初段を探るキモちゃん。


中山君に誘われるがままに、キモちゃん今度は裏の「2次会」へ。スタートすら出来ない中山君を尻目に、キモちゃんあっさりゲットしちまった模様。やっぱりすごいよ、君は。
私は一人「カチヒロシ」に居残り、トライを重ねる。一人になった方が高度が安定してきた。どうも今日は「一人で登る日」みたい。集中度もなんか違う気がする。しかしもう指も限界に近付いてきてた。普通にホールドを持つのも嫌になるくらい指が痛い。もう次のトライで最後にしよう。。。
っとその前に、ほとんどの指の第一関節がぷっくり腫れ上がった手を川の水に浸して、しばしアイシング。もう本当にこれで今日は最後。この課題を登りたいという気持ちをぶつけてみよう。それでダメなら仕方がないや。。。そんな気持ちで最後のトライ開始。
今日のトライの中では一番冷静だった気がする。全てのムーブがピタリ、ピタリと決まる。今日一度も止まってなかった左のカチも、なんでかあっさり保持。そのままリップへポンっと手を出すとすんなり止まった。信じられなかった。あまりいい場所を保持できてなかったので、ちょっとしゃくっていい場所を保持し直す。まだ登り切ってないのに「登れたよーーー!!」って岩の裏側にいる人々に向かって叫ぶ。あとは落ち着いてトップアウト。やっと・・・、やっと登れましたーーーヾ(≧▽≦*)〃
もう今日の完登は正直ないだろうなーと思っていたので、登れた後はなんだか夢心地。今まで「どうしても登りたい課題」ってなかなか出会えなかったけれど、ようやく出会い、そして完登することが出来た今は、この課題にも、この岩場にも、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

その後、キモちゃんは滞在時間約2時間ほどでバイトの為帰って行き、またまた様子を見にやって来たzとまさきさんを交えて「2次会」&自然に還りつつある「中○ちゃんワールド」(一応初段)にみんなでトライ。
c0014756_7424978.jpg

抜群の脚の長さを生かしたムーブで「中○ちゃんワールド」を登るまさきさん。


まさきさんが惜しいところまで行くも残念ながら敗退。ぐだぐだ感が漂い出したので、荷物を撤収し、zがトライ中の「バットマン」へ移動。
c0014756_743012.jpg

あともう少し!「バットマン」2段を登るz。


朝からのトライでもうかなりヨレているみたいだったが、それでも安定してリップまではいくz。左手でリップをとらえ、足が切れてしまう箇所がやはりキツイ模様。本日は敗退となってしまったけれど、でも次回はいけそう。頑張れ、z!!

先発隊は日帰りなので、ここでお別れ。お疲れ様でしたー。
うちら3人はそのまま木綿麻温泉へ。その後は美味しい夕食を求めて勝浦方面へ向かう。途中にあったハンバーグ専門店に決定。久しぶりの洋食なり~。おネエさんはかわいいし、ハンバーグは美味しいしでなかなかのお店でした。満足~。で、いつもの泊まり場にてテント泊。就寝前にジェットボイルでお湯を沸かし、芋焼酎お湯割りを一杯。明日も楽しく登れますように。

本日の成果
[PR]

by ponpoko129 | 2007-03-03 23:41 | 鳴滝(徳島)