ぽんぽこぶろぐ。①【2004.12~2010.9】

ponpoko129.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:フクベ(岐阜)( 4 )


2006年 11月 05日

2006/11/5 フクベ2日目【次回は「枕」を頑張ろう】

あまりの暑さで目が覚める。今日はイベントがあるらしく、上の駐車場とかもすごい人だらけ。ここにもこんなに人が集まってくるんやなーとちょっとびっくり。
さて、本日も最初はミニハイカラ岩へ。
中山君は今日は「Sライン」2段のトライのみに懸けていたようで(とは言っても完登を狙うとかのレベルじゃないようですが・・・)、さくさくと「ハイヒール」5級と「KIWA」1級をアップで登り、早速「Sライン」へ。ファイ田は「完登出来ない2段よりも登れる初段を!」と成果を求めて「タケコプター」初段にトライ。はまっこは昨日に引き続き「KIWA」1級、魚さんも実はこの前[KIWA」を登ってなかったらしく、一緒にトライ。私は・・・アップだけちょっと登ってすぐシューズ脱いじゃってそのままずっと動画撮影・・・(^^;)やる気ないですな・・・。
「タケコプター」に苦労していたファイ田、中山君にスタンスの位置を教えてもらったらさっくり完登。よかったねー。まずは本日一つ目の成果。
c0014756_2242373.jpg

「タケコプター」初段のファイ田。


魚さんも「KIWA」を完登し、ファイ田と魚さんも揃って「Sライン」に参戦。
中山君もひたすらトライし続けるものの、核心の一手がやっぱりどうしてもキツイ模様。しかしこの課題、大量のマットとスポッターが必要ですな。落ち方によってはほんまにヤバそう。。。
c0014756_22422668.jpg

「Sライン」2段の魚さん。


ひとしきりトライして満足したらしく、ちょうどお昼にもなったのでランチタイムも取りつつ移動。
タバコ買いに行ってはぐれたヒロッチさんと悪兄は「バックドロップ」1級にいる模様。魚さんが「見に行ってくるわー」とそのまま消えてしまった。私はUFOの「宇宙3」初段が気になっていたのではまっこと中山君とともにUFOへ。ファイ田はG4の岩見学へ。
中山君はもう課題へのトライをすることはなく、この後ひたすらスポットのみ。私もトライを開始するものの、なかなかに厳しい。そら3級から一気に初段までグレード上がるんだから一筋縄でいくわけないわな。。。この課題、指皮には案外こないし、あんまりヨレないので何度でもトライは出来るんだけど、結局自分のムーブがこの日は見つかんなかった。また次回。。。
その後は「バックドロップ」を登った魚さんたちと合流して枕岩へ。
和歌山や福井の方々に混ぜていただく。ここでは悪兄が一人成果を挙げて「ぴっころ」1級と「枕」初段を完登!!やるやるとは聞いておりましたがお見事でした!!ファイ田も「枕」を惜しいところまで行ったんだけどねー。時間切れにて終了。そそくさと関東へはまっことともに帰っていった。また一緒にセッションしましょ。
私も「枕」にトライ。GWのときには出来なかった最初のクロスで出す一手は出来るようになったものの、そこからのもう一手でひたすら落ち続ける。ここが止まればもう少し繋がってくると思うのに・・・。ムーブをファイ田みたく送り寄せでもやってみたが、これもイマイチしっくりこない。途中からのムーブもやってみる。これまたなかなか厳しい。でも面白い。次回もやってみよう。少しずつでも完登に近付いていければいいかなーと思う。だって初段ですからね。徐々にでいいから自分のムーブを見つけていきたい。
指皮もほぼ売り切れたので本日撤収。途中のSAにて謎のボルダーを魚さんたちに紹介し、軽く食事して別れる。フクベは自分的には苦手な岩場なんだけど、まあ2日間楽しめたからよかったかな。またみんなが行くときに便乗させてもらって行きましょ。

帰ってから今日がオンエアだった「大阪ほん○かテレビ」を見た。かなり待たされた割にはほんの5分くらいで、あれだけいろいろ撮ったのにさくさくカットされてた。まあでも限られた時間内に収めるのって大変だしなー。それにしても途中出てきたテロップには非常にびびった。嘘はいけません、嘘は・・・。私そんなすごい人間ちゃいますから。。。オンエアされる前に自分の部分だけでいいから確認くらいさせてほしいもんだよ、まったく。しかもクライミングの説明がクライミング競技(コンペ)の説明になってた。その辺は私の説明不足だったかなと反省・・・。普通クライミングには制限時間はありませんからー。はあ~あ。。。
[PR]

by ponpoko129 | 2006-11-05 23:39 | フクベ(岐阜)
2006年 11月 04日

2006/11/4 フクベ1日目【「KIWA」ゲット!】

昨日の晩のうちに現地でファイ田家と合流。
朝はもっと寒いと思ってたのに、暑くて目が覚める。ファイ田はやたらテンションが高く、のそのそと準備をする私たちをやたらせかしてくるし・・・。
さて、今日はどの岩から行こうかとなったときに、珍しく私が「ミニハイカラ!」と言ったので朝一はミニハイカラ岩へ。フクベはまだ3回目だけど、これまでの2回ともミニハイカラ岩は最後に到着する岩。指皮は削れて痛いわ、体はヨレてるわ、暗くてスタンス見えないわ、登れる時間は少ないわの散々な状態で、「KIWA」1級を触りはするものの、適当なトライしかしてなかったので、今回くらいはちゃんとこの課題と向き合いたいと思い、希望を聞いてもらったのだった。
到着すると、まだ誰もいない。これはチャーンス!!中山君とファイ田は「Sライン」2段に、私とはまっこは「KIWA」1級にトライ開始。
今の時点では自分たちだけなので、ムーブが結構探れるのがありがたい。大勢のセッションになるとどうしても私はダメだ。自分のムーブを見つけるのにすごく時間がかかるし、何よりも自分の実力に自信がないのでなかなか入っていけない。大体ボルダーセッションっていうと男性ばっかりだし・・・。「あー、もっと強かったら入っていけるのになー」と体育座りしながらいつも思ってたりする。だから人のいない今しかない!と、とにかく探って下部のムーブは大体決まった。上部は探ることは出来ないので下部が成功したらもうどんどん手を出すしかない。
下部が繋がり、初めて上部に到達出来たトライではやっぱり不安が的中し、あやふやムーブをやらかして落ちてしまう。あう~、もったいない。。。またこれを境にどんどん高度が落ちたらどうしよう・・・なんて考えもよぎったが、次のトライにとにかく集中。このトライでなんとかムーブも全て決まってやっとこさ完登することが出来た。ふぇ~~、よかった~~。。。
もうあたしゃ満足だよ。帰ってもいい気分だよ、本当に。
それからというもの、後から来られた王子の方々の応援をしたり(きたやまにあさん、完登おめでとうございました!)、中山君&ファイ田の「Sライン」、はまっこの「KIWA」の動画を撮ったりで、ミニハイカラ岩ではもうシューズを履くことはなかった。しかし「Sライン」、リーチがなかったら激しいムーブになるのねー。動画的にはおいしいが、かなり危ない落ち方をするし、落ちる場所の予測もつきにくいので本当に気をつけないとヤバイなーって課題だった。ファイ田も中山君もあとは核心の一手なんだけどね。やっぱり163cmの二人にはなかなか厳しいようで・・・。
c0014756_22375483.jpg

「Sライン」2段をトライする中山君。


途中からどやどやと○クスカリバーな面々が10人ほどでやってきて、あっという間にミニハイカラ岩大混雑・・・。しかし考えたらうちらもいつもは周りから見ればこんなんなんやろなー。岩場で出会われた皆様ほんまにゴメンナサイと改めて思った。あー、ほんまに先に登っといてよかったー。しかしそれにしてもMガキ君はヤバ強かった!「Sライン」、有り得んムーブでサクッっと登っていってしまうし・・・。みんな口あんぐり状態だった。集団の中でも一人群を抜いて強かったなー。
c0014756_2238986.jpg

「KIWA」1級をトライするはまっこ。


はまっこもヨレヨレながらも「KIWA」のちょっと遠めのデッドを止めるところまではなんとか行けてた。次回に期待!

さて、移動しますかーと思ってた頃に魚さん軍団と合流することが出来たので、みんなで川原のエリアへ。トポはないのでチョークのついてる岩や登れそうな岩に目星をつけてみんなで登る。
最初は小さな岩のトラバース、右からバージョンと左からバージョンの2本。どちらも3級か4級ってところかな。中山君ガビ岩の痛みに耐え切れずに敗退。
もうちょい下流のところにあった岩に結構チョーク痕があり、面白そうなのでみんなで触ることに。左からスタートして中央部分に抜けてくる課題は難しそうなので私はパスしたが、中央からスタートして右にトラバースして抜ける課題はなかなか面白く、2級くらい。でも一撃出来たからやっぱり3級くらいなのかな。
中央に抜けてくる課題は結局後から参戦したファイ田と魚さんが完登。ファイ田の抜けのときの脚ぐるんぐるんムーブは動画に撮ったけどほんまに笑える!!写真でも脚卍状態やし・・・(笑)。
c0014756_22382425.jpg

課題名不明(1級/初段くらい)の悪兄。


あとはみんなでつるつるのカンテを登ったり、すべすべのスローパーからマントル・・・みたいな課題を登ったりして、その後は「スズメバチ」2段へ。
しばらくはみんなの「スズメバチ」トライを動画撮影していたけど、この前あっさり敗退を決めた「太平洋」3級がなんだか心残りだったので魚さん、ヒロッチさん、はまっこを誘ってみにくじら岩へ。
魚さんとヒロッチさんもあの謎のポッケ課題に嵌ってくれたー。ムズいですよねー?よかったー(何が?)。まあ嵌りはしても後でしっかり完登してはりましたが。
最後に「太平洋」を一緒にトライしてもらう。私は今日はもう足を残そうなんて思わずに飛びつき足ブラムーブで行くと決めていた。1回後ろに吹っ飛んだけど、次のトライでなんとか登れた。諦めなくて良かったー。やっぱり気持ちの問題だったのかな。魚さんもヒロッチさんももちろん完登。ちょうどキリもよく、夕闇も迫ってきてたので撤収。「スズメバチ」は亀ちゃんが見事に完登したらしい。おめでとさん♪

その後は前回と同じくニュー○屋食堂へ。今日はあの名物オバちゃんおらんかった。だいぶん待たされたのでお腹空き過ぎた。酒も水のごとくがぶ飲みしちゃったよ。一気に酔いが回っていい感じ~。ホルモンに肉もかなり注文してみんなで食べまくり。美味しかったー。
かなり酔っ払いな面々はそのまま風呂屋へ。受付時間は過ぎているが無理矢理入れてもらう迷惑な私たち・・・。風呂に入ってこざっぱりした後はテントサイトへ戻る。寝る前はもちろん宴会でしょ。またまた酒を飲む。うんま~い。焼き物を炭火で焼いて、9ちゃんからもらった「よっちゃんいか」をみんなでわけわけし、しばし談笑。それにしても今日はちょっと飲み過ぎに食べ過ぎですな。指も痛いし明日は果たして登れるのか・・・。
c0014756_22385245.jpg

9ちゃん、宴会楽しかったよー。ありがとさん♪

本日の成果
[PR]

by ponpoko129 | 2006-11-04 22:37 | フクベ(岐阜)
2006年 10月 22日

2006/10/22 フクベ【3級狩り?】

今回はなんと総勢11人、車4台でフクベへ。メンバー書くのは面倒くさいので割愛(笑)。
初っ端は「バックドロップ」1級周辺へ。
しかしこの周辺ってあまりアップになりそうな課題はなく、しかも登れそうな課題もあまりない。みんなは「呼魂」1級や「バックドロップ」1級でセッション大会を繰り広げていたけれど・・・。
前回来たときは「トリック」というフェイスの1級に打ち込んで、あと一歩というところまで迫っていたのだけど今回は全然ダメだった。ムーブが思い出せなくて、ひたすら無駄に指皮を削ってしまい、ちょっと思い出したもののやっぱり何か違うような気がしてしっくりこない。で、なんだか萎えてこの課題に対するモチがなくなってしまったので別の課題をやることにした。ザッキーに教えてもらったトラバースの3級(ペパーミント岩)にトライする。手数が多いので後半はヨレとの闘い。結構打ち込んでやっとこさ登る。みっちゃんもひたすら打ち込んでいいところまでいくもののマントルで落ちてきたりとかして、一時はどうなることかと思ったが無事完登。しかし彼女の飄々としながらもひたすらな打ち込み具合はすごい。ようあれだけ数出すわーほんま。痛覚ないんちゃうかと思うほど。。。
その後は男性陣は「スズメバチ」2段へ。私とみっちゃんは「みにくじら岩」へ行く。
右から6級、5級、「太平洋」3級となっているが、どう見てもラインが4つあるように見えるんだけど・・・。簡単なものから順番に登っていくことにする。

・6級:結構やばかったがなんとか一撃。
・5級だと思って取り付いたライン:これが後から考えると多分5級のラインではなかったような・・・。一撃は出来ずにちょっと打ち込んだ末なんとか完登。浅めのポケットを繋ぐ嫌らしいバランス課題。体感は3級くらい。みっちゃんはどうもバランスが合わなかったようで敗退。
・その隣のガバが明瞭なライン:多分こっちが5級っぽい。一番右の6級よりは若干難しめ。
・「太平洋」3級:みっちゃん完登、私敗退。
みっちゃんに先に登られたのもあるけれど、ランディングの悪いこの課題で、足ブラで毎回振られ落ちするのに正直萎えてしまった。怪我しそう。みっちゃんは一度も足切れずに登れるし・・・。まあ強ければ振られても止めれるんだろうけど、あまり執着心なく、すぐ敗退決定。

その後一旦「スズメバチ」周辺に戻ろうとしたらやたら裸の男だらけでビビる・・・(^^;)
メンバーに下のUFOに行くことを告げて、みっちゃんと私は「宇宙」3級のあるUFOへ。
「宇宙」は前回来たときにも少し触ったが全然出来なかった。でもムーブは面白いのでまたやってみる気になった。

・「宇宙」左抜け(3級):前回ダメだったのだが今回はあっさりムーブが解決出来てさほど打ち込まずに完登。フックの掛け方がポイントで面白い。途中参戦のアヤちゃんもあっさり完登。みっちゃんもひたすら打ち込んだ末、なんとか完登。
・「宇宙」右抜け(3級):左抜けよりも間違いなく1ランクくらい難しい。これもフックの掛け方がポイントだったが、一番難しいのはマントル!左抜けはガバクラックがあるので身体を引き上げ易いけど右抜けは手がかりになる明瞭なものはなく、結構純粋なマントルになる。腹筋に渾身の力を込めて返し、なんとか完登。2級でもいいのでは?と思った。
そういえば前回ファイ田って「宇宙」の初段バージョンも登ってたなー。すごいなー。次回は私もやってみよう。

その後はアヤちゃんの案内で「原始人」3級をトライしに行く。
一手モノらしいが、止まると大変気持ちがいいらしい。しかし持ち手とスタンスが微妙だなぁ。リップへの一手を失敗したら後ろへ吹っ飛びそうだし・・・。でもスタンスが上手く決まった回でぺシンっ!と吸い着くように左手が止まり、完登することが出来た。こりゃ確かに気持ちええわ~。

最後にメンバーと合流し、暗くなりかけたミニハイカラ岩で遊ぶ。
「KIWA」1級:前回の宿題だが、この課題はやっぱり自分の力量を考えると最初にトライしに行かなくては・・・。ヨレヨレな為、ムーブの練習をちょっとだけして終了。またもや宿題に(やる気ないなぁ・・・)。ザッキーが振り絞るクライミングで完登していた。私も次回はもうちょっと打ち込んでみようかな。

もうスタンスも見えなくなって来たので本日打ち止め。1日よく遊びました。
駐車場に戻り、他のメンバーとも合流して、ニュー柳屋食堂へ。
ここは普通の食堂だと思ってたら、かなりディープな店で、ある意味大変面白かった。でも豚ちゃん焼は安くて美味しかったなー。「また是非行きたい」という人と「もう2度と来るか!」という人にきれいに分かれそうな気がする。まあみんなご飯はかなり進んでましたな。

今回は本当に大所帯だったけど、思ったよりは岩場も混んでなくて課題とのんびり向き合えたのが良かった。自分はひたすら3級ばっかりトライしてしまったけど次回はもうちょっと難しいのもやってみたい。しかしフクベって2級があまりないのよね。1級はどれもやたら難しいし・・・(初段クラスのものも結構あると思う)。

本日の成果
[PR]

by ponpoko129 | 2006-10-22 23:33 | フクベ(岐阜)
2006年 05月 06日

2006/5/6 GWボルダーツアー7日目:フクベ

朝目覚めてテントを出るとファイ田の車とテントがあった。どうやら無事着いたようだ。しかし遅くに着いたはずだからまだしばらくは起きてこないだろうとのんびり朝の支度をする。が、ヤツはぼーっとしながら起きてきた。眠そうにしながらも相方のはまっこも無理矢理起こし、準備を始める。彼は普段は仕事柄平日の休みが多く、なかなか岩場で人とセッション出来ることがない為、今日のセッションに向けて走って減量したり、体調を調えてきたらしく、そのモチは半端ではない。ある意味ここまでモチが高いと正直怖い。楽しくやろうよ。。。でもきっと彼にとっては人と競うことが楽しくて仕方ないのだと思う。まあその標的にされたセッション相手はたまらんけどね(中山君やシマぶーとか)。私は岩のクライミングに関してはあまり人と競う気にならないかなぁ。人工壁のセッションやコンペは負けると悔しいし、凹むけど・・・。その闘争心のなさが結果的に登れなさに結び付いてるのかな。。。
2日レストしたので体の疲れはほぼ残ってない感じだけど、ここのところ食べ過ぎで絶対体は重くなってるよなーと思いつつ、のんびりアップ開始。しかし微妙にのんびりでもなかったかも。いきなりのハイスラブな課題でかなりビビる。怖ぇ~~。次はUFO岩。昨日K君に教えてもらった初段のマントルとやらをみんなでトライする。最初は「確かに悪い!」と思ったが2、3トライ目にはファイ田も、私も、そして3級が最高グレードな健ちゃんまでもが登れてしまった。健ちゃんには悪いが多分、というか絶対初段じゃないな・・・。塩原のエロンチョ岩の3級のマントルの方がよっぽど悪かったし。しかし中山君&はまっこは登れず。はまっこは本当に惜しいところまでいったんだけどなあ。このマントルでおケツ筋を痛めたらしい。あとは「宇宙」3級をさわさわっと触る。トゥフックが面白い課題。しかしスタートに手を戻す必要があるのか?あ、そういやファイ田が初段バージョン登ってたっけ。やるなー。
その後は枕岩へ。ここで熊野のクライマー・しん君に会う。石川に向かう予定だったらしいが天気がもちそうなので急遽フクベに行き先を変えて一人でやってきたそうな。うちらが到着してすぐに「枕」初段をさっくりと完登していた。強い!
私やはまっこ、健ちゃんの3人は「枕」の派生ラインの1級を、ファイ田&中山君は「ぴっころ」1級にトライ開始。ファイ田、「ぴっころ」を一撃出来そうだったのに惜しくも逃す。中山君は2回くらいスタート落ち。しかし3回目か4回目にてさっくりゲット。ファイ田は一撃できそうだったにもかかわらず、中山君の完登に動揺したのかここから度ハマリ。急にそれまで超ハイテンションだったのに物凄い勢いでテンションを下げていた。まあ最終的にはなんとか登れたからいいじゃないと思うけれど、彼的には先にライバルに登られるのはダメらしい。。。(笑)             
しん君にいろいろ教えてもらって無名の1級にトライしていた私たちの方はというと・・・ヨワヨワダメダメ。スタートからのトラバースがなかなか上手くこなせない。右手クロスで浅ポッケを取った後、スタートホールドにトゥが残ってれば少しは繋がるんじゃないかと希望も持てたけど私のリーチ&身長では間違いなく足が切れてどえらく振られて落とされてしまうので今日中にゲットするのは無理と判断し、途中からのムーブ確認や部分練習に明け暮れる。「ぴっころ」を完登した後ファイ田もこちらに参戦。1級課題を登るのかと思いきやいきなり「枕」初段狙い。正直びびった。なんて野心家なんだー!まあ結局登れてなかったけど。
c0014756_20251488.jpg

「ぴっころ」1級を登る中山君。


その後は中山君の希望もあって「バックドロップ」1級のある付近のエリアへ。
「バックドロップ」は鮮魚の面々のほとんどが登れず、イシカワ君のみが登れたらしい課題。そんな1級って・・・。中山君やファイ田はT谷さんやしん君がトライしてるセッションに混じることになったが、私は長崎のT田さんや愛知のBさんがトライしてる「トリック」という1級のセッションに混ぜてもらうことにした。こちらはフェイスの細かいバランス課題。こっちの方が得意系っぽかった。その前に「トリック」右の4級課題をやってみる。む、むずい・・・。ちょっとハマってしまったがなんとか完登。はまっこは一撃目でいいところまでいくもののその後えらく嵌ってしまったが、「トリック」をトライした後にまた戻って完登していた。
さて「トリック」。トライしてる人のムーブを見るけれど、これは自分のバランスを見つけなくちゃ登れないだろうなーと思い、トライを重ねて自分のバランスを徐々に見つけて高度を上げていく。あとはリップへの横デッドが決まるか決まらないかまで来たけれど、どうにもこうにもリップが遠い。最初のうちは届く気が全くしなかった。しかしそこまでは自動化してしまい、ほぼ落ちることなく到達できるのだけど、どうしてもリップを取れない。全く惜しくないトライを重ねてることは自分が一番よくわかっていた。が、それを見ていた中山君からまさにそこを突っ込まれたコメントを浴びせられる。登れない人から言われるとなんか悔しい(笑)。のでもっと最後のリップを取るムーブに神経を集中させる。しん君がすごい引き付けでしっかり体を上げてからデッドを出して最小限の振られで上手く登っていたのを見て、「これだー!」と思う。少しずつだけどリップへの距離が縮まり始めた。あともう少し・・・。そしてとうとう完璧にリップをしっかり触ることが出来た。届くやんかいさー!!ただ取れてもかなり振られることは間違いないが・・・。しかしここからが私のお決まりの・・・あれですよ。またもこれを最高到達点に急激に次のトライから高度が下がり始め・・・。で、結局登れずに敗退。あ~あ。。。登る気ないんちゃう?と思われそうだけど、登る気はあったんですよ、本当に。しかし執念みたいなものはなかったかも。まあ思うようにいかないのが岩登りの面白さの一つでもあるということでお茶濁しときましょう(笑)。
c0014756_20253877.jpg

「トリック」1級を登る私。


男性陣が頑張ってた「バックドロップ」はファイ田やしん君は完登していたが中山君は結局敗退。ファイ田はさらに欲を出し、私たちの「トリック」セッションに混じってくるものの、20回ほどやってスタートから2手目に一度も到達することが出来ず。相方のはまっこの到達高度よりも低い高度にて敗退。一見カチ課題だから得意かと思いきや、バランス系は苦手だということが発覚。
悔し紛れなのかファイ田、今度は「トリック」のある岩の右にある「呼魂」1級に手を出し始める。中山君やしん君も巻き込んでセッション開始。上部にある大きなクラックが悪いみたい。そこから一手を出すのが核心みたいだったけど、なんとファイ田、いきなりこのクラックを飛ばしてリップへランジするという荒業に出た。ランジは決まったけど体振られまくり!スポッター引きまくり・・・。よくあんな高い岩であんな無茶するよなー。あれで振られて落ちてたら多分軽く骨折はしてただろう。恐ろしや~。ファイ田の荒業に引いた面々はもうこの課題の完登に執着することなくあっさり次へ移動するのであった。
c0014756_20255668.jpg

「呼魂」1級を登るファイ田。


さて、指皮も終わりに近づいてきているが、ファイ田が朝からしきりに「ミニハイカラ岩行きましょう!」というものだから渋々ミニハイカラ岩へ移動したのに、当のファイ田は先ほどの「呼魂」で相当エネルギーを吸い取られてしまったらしく、到着しても全く動こうとしない。仕方なくファイ田を除く、指皮薄々&やる気ないメンバーで1級の「KIWA」にトライ開始。しかしこの岩、最後に来てトライする岩ちゃうってー。ホールドはまあまあいいもののほとんどルーフ。指皮がなくなってしまってると持てるものも持てなくて今にもホールドがすっぽ抜けそう。私は部分部分でムーブ練習。中山君やまたも途中参戦のしん君は見事に完登を果たす。それを見ていたファイ田、体はヨレヨレながらもトライ開始。しかし度ハマリー。抜けの手前でフォールを繰り返し、さらにぐったり度倍増させていた。もう完登出来んやろうなーと思ってみてたらなんと最後の最後でぎりぎりの完登。執念を見せ付けていた。恐ろしや~。
早々に「KIWA」を登ってしまった中山君としん君は「タケコプター」初段にトライ。スタートのムーブが面白い。途中から来られたコブラさんに聞かなかったらわかんなかっただろうねー。中山君いいところまでいくものの、あと少しのところでヨレ落ちを繰り返す。ここまで触った課題はほぼ完登してきている本日絶好調のしん君もなかなか厳しそうだ。しかし最後の最後、振り絞って中山君が完登。すると次のトライでしん君も見事に完登!「ファイ田がもう一人おるーー!!」確かになんとなく風貌も、本日の服装も、指皮がめっちゃ強いところも、そして人が登ったらすぐに登ってくるところも(笑)、似てるかも。。。

そんなこんなで本日の登攀は終了。明日は多分雨。もう一日登りたかったけれど、指皮ももう全然役立たずになってしまってるし、まあ良かったのかも。風呂に入りに行った後は食材を買い込んで昨日のテントサイトの屋根のある場所にて宴会。ファイ田家特製の豚キムチはなかなか美味しかった。お腹もかなり空いてたのでやたらいろんなものを食べまくって飲みまくってそのまま就寝。もうすでに雨は降り始めており、明日はほぼ絶望的。。。

本日の成果
[PR]

by ponpoko129 | 2006-05-06 23:57 | フクベ(岐阜)