ぽんぽこぶろぐ。①【2004.12~2010.9】

ponpoko129.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 21日

2006/5/21 御手洗ボルダー

今年初めての御手洗へ。現地集合だったが鮮魚のメンバーは魚さま、イシカワ君、シモーヌ、ザッキー、中山君、私の6人。

アップもせずにいきなり「ターターシン」初段を触ることに。
実は今まで御手洗には何度も来てるけど、この課題にトライするのは中山君も私も今日が初めて。トライしてる人も実はほとんど見かけたことがない。しかし「○○さんが登ったらしい」的な話はよく聞く不思議な(?)課題だ。ファーストトライが終わってからイシカワ君にいろいろと教えてもらうが、リップに出てからがかなり悪い。急に課題の質が変わる感じ。ゴミのようなホールドばっかりを繋げていく。思っていたより難しかった。これはしばらくかかりそうな課題だ。自分の知ってる初段の課題の中でも間違いなく難しい部類に入る。登れる日が来ることを信じて、またトライし続けていこうっと。

「ターターシン」の後はもうちょっと下流側へ行って、初段のマントル課題でセッション。中山君、イシカワ君、魚さまが完登。あたしゃ出来る気が全くしなかった。中山君一人大はしゃぎ。。。みんなは「こんなのクライミングじゃねー!」と思いつつも中山君に付き合ってくれていた。
c0014756_7452691.jpg

「マントル」初段の中山君。


その後は「ウエトロモ」初段の岩へ。中山君は昨年まで全く「ウエトロモ」が登れそうになかったが、今日初めて1手目を止めることに成功。実質2手の課題なのであともう1手を止めれば完登出来たんだけど、その1手が止めれそうで止められず。シモーヌは見事に再登を果たす。

私は「ゴジョジュ」1級にトライ開始。私もこの課題の1手目に今まで届きそうになったこともなかったのだけど、イシカワ君にバランスの取り方を教えてもらったら急に距離が伸びた。何度か1手目のカチを触ったが、どれも微妙にヒットせず。カチを取ったところから最後までの練習をやってみたが、本当にこの1手目が止まるかどうかの課題だなと思った。リーチに問題がなければ「アユハドール」2級と同じくらいかな。結局その後は人がすごーく増えたのでトライを止めてしまったのだけど・・・。また次回トライしよう。

お昼は魚さまが準備してくれたそうめん。冷たくて喉ごしも心地よく、お腹いっぱいいただきました。魚さま、ごちそうさまでしたー!その後はかなり暑かったし人も多かったので課題へのトライはせずに、各自昼寝をしたり川に飛び込んだりして過ごす(私は飛び込んでませんが・・・)。

中山君が「プリケツ」2級(?)の直上バージョンを登った後、私はずっと宿題の「ケロ」1級にトライしに行く。「ケロ」はお買い得な1級と言われているが、リーチがなく、ヒールフックのへたくそな私にとっては今まで出来る気があまりしなかった課題。
毎回来て触るものの左のヒールフックがバッチリ決めれたことがなく、進展もほとんどなかった。が、今日は初めてヒールがばっちり決まって左のヒールに体重をかけて立ち上がることが出来た。しかしスタンダードなムーブではやっぱり上部には届かない。これだけ完全にヒールで立ててもダメなのか~。。。が、イシカワ君がナイスなアドバイスをくれ、思い切ってムーブを変えてみた。これならリーチ差は関係なく登れそう!俄然モチが上がる。何度かトライを繰り返し、とうとう念願の完登を果たすことができた。自分にとって精一杯の課題を完登出来たのでとても嬉しかったなー。本当に久しぶりの岩での成果だった。
c0014756_7464739.jpg

「ハリガネムシ」2段のシモーヌ。


夕方涼しくなってきた頃に、魚さま、シモーヌ、イシカワ君、中山君で「ハリガネムシ」2段のセッションが始まる。
すでに完登を果たしているイシカワ君は見事なまでのトラバースムーブを見せていた。さすが情熱を持って取り組んでただけあるなー。シモーヌや魚さまもいい感じでムーブが繋がってきた。中山君は・・・、なんとかスタートは出来るようになったが、かなり厳しそうで途中からモチを下げていた。私はその間ずっと動画の撮影をしていたのだけどこの人たちのセッションは終わりそうにないので、ザッキーが「ターターシン」をやってたところにまたも乱入。しかしやっぱりムズいですわ。。。
次回はこの「ターターシン」と「ゴジョジュ」だな。頑張ろうっと。今年は苦手の御手洗でも少しずつ宿題を片付けていけたらいいなと思う。それにしても今日一日で肩がヒリヒリするくらい日に焼けました・・・。




本日の成果
・「ケロ」1級
[PR]

by ponpoko129 | 2006-05-21 23:41 | 御手洗(奈良)


<< 2006/5/28 御手洗ボルダー      2006/5/14 ほしだカッ... >>