ぽんぽこぶろぐ。①【2004.12~2010.9】

ponpoko129.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 21日

2005/8/21 国体近畿ブロック予選2日目

いよいよ今日は予選通過が決まる縦走競技当日。私は本日は応援のみ。応援といってもスタートとゴールでしか出来ないんだけど、自分は出ないくせに昨日よりなぜか緊張していた。また縦走競技というのを見るのは初めてだったこともあり、荷物の計量やら選手の走るスタイルなどを非常に興味深く見てしまった。成年女子と少年男子が12kgの荷物、少年女子が8kgの荷物を背負い、山道を走る。どんなものか一度背負わせてもらったが結構重い。一泊のテント山行ぐらいの重さはある。今回のコースは6km、標高差600Mで来年の国体の縦走コースになる。このコースを90分以内にゴール出来ないとペナルティでタイムが倍にされてしまう。「坂道でもやっぱり走るの?」と聞いたら「男子は走ってますね」との答え。うー、なんて過酷な体力レース・・・。私にはやっぱり無理だ。しかしかっぱのひろさんはクライマーながらこの日の為に一生懸命練習してきてくれたようだし、ドイツ留学から帰ってきて間もないN谷さんも調子は万全そうだ。いつも練習しているコースだし、地形も頭の中にしっかり叩き込まれてあるはずなので他の県よりは有利である。期待と不安が入り混じりつつ競技はスタートした。
c0014756_7412082.jpg

出発した選手に声援を送って私は監督と車でゴール地点に向かう。車で回るとゴール地点まで50分ちょっとかかるらしい。少年男子からスタートしたのだが、少年男子で速い選手なら50分ちょっとでゴールしてしまうので間に合わないかもしれないとのことだった。スタート時からぱらついていた雨が少し本降りになってきた。N谷さんとかっぱのひろさんは大丈夫だろうか。アクシデントが起きてないだろうか。ゴール地点が近づくにつれてとても不安になってきた。思っていたよりも早くゴール地点に到着。まだ誰もゴールしてないらしい。しばらくして審判員が立ち上がった。1番の選手が入ってくるようだ。なんと兵庫県の少年男子のF君だった。N谷さんから「彼は速いですよ」と聞いていたが本当に速かった。2位に大きくタイム差をあけてのゴール。そして2位には昨日クライミングで一人完登を果たしたS水君が入った。クライミングだけでなく、なんでもそつなくこなす彼の身体能力の高さにビックリである。そして3位になんと兵庫県のD君が入り縦走1位。兵庫県の少年男子は総合2位に浮上し、奇跡の大逆転で本戦出場を勝ち取った。
そして成年女子。なんと一番に入ってきたのはN谷さんだった。自己記録を更新する力強いゴールだった。途中まで1位だった京都の選手が足がつってしまって動けなくなったらしい。結局その選手はその後なんとか自力で立ち上がってゴールし、2位。しかしやはり強い選手にもアクシデントがあるんだなーと思わずにはいられなかった。あとはかっぱのひろさんのゴールを待つだけなのだが、気が気でなかった。無事に帰ってきて欲しい。するとなんと3位でかっぱのひろさんがゴール!予想外の速さであった。かっぱのひろさんも自己記録を更新。二人ともすごい!!とても感動した。ゴール直後の兵庫成女チームの3ショット↓
c0014756_7413849.jpg

この2人の頑張りのおかげで縦走は1位を勝ち取り、総合でもなんと京都を逆転して1位になることが出来た。すごく嬉しかった。今回は強豪京都の不調やアクシデントに助けられた感はあるが、それでも1位なんて思ってもみなかった。まあ本当に縦走メンバーのおかげです。今回の縦走の活躍を見て私ももっとしっかりやらなくちゃいかんなーと思わされた。強化できる余地はたくさんあると思う。ただ時間が少ないけれど・・・。本戦出場が決まった今、自分に出来る事は何かをよく考えてあと2ヶ月しっかり登っていきたいと思う。最後に、今回のブロック予選に係わられたスタッフの皆様、ありがとうございました。そしてかっぱのひろさん、N谷さん、本戦も共に頑張りましょう!!よろしくお願いしますm(__)m
クライミング2位、縦走1位、総合1位のそれぞれの賞状を手に・・・↓
c0014756_7414733.jpg

[PR]

by ponpoko129 | 2005-08-21 23:40 | 国体近畿ブロック予選


<< 2005/8/28 比良安曇川・猪谷      2005/8/20 国体近畿ブ... >>