ぽんぽこぶろぐ。①【2004.12~2010.9】

ponpoko129.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 12日

2009/12/12(土) BPA

朝4時半に起きる。
昨晩寝る前に飲んだ薬が効いてるらしく、一応平熱ではあるものの、間接のあちこちが痛い。
ただ、喉は痛くないし、クシャミや鼻水も出ない。
風邪ではなさそう。
もちろんインフルエンザだったらもっとしんどいだろうし。

本当に発熱のみ。
この一週間の疲れからくる知恵熱みたいなもんだろうということで、
とりあえず出発する。

瀬戸大橋を渡って、R33をとことこ走る。
ヒメシャラ休憩所にて、真夜中入りしたコバヤン兄貴、そしてバッタ先生と合流。
本日は、バッタ先生にBPAに案内していただいた。
e0149092_1451173.jpg


まずは、『アップ課題』その1のコバヤン兄貴。
e0149092_1451832.jpg


そして、『アップ課題』その2でケツ田プリ男になる中山君。
e0149092_1452313.jpg

少しアプローチで疲れたかなーと思って、私はしばらく皆様の登りを眺めていたけれど、
『アップ課題』その2が面白そうなので、シューズを履いてみることに。

バランシーで、岩らしい、とても面白い課題でした。
名前がないのがとても残念なので、是非ともバッタ先生には名前を付けていただきたいです(笑)。


その後は、小ぶりな岩の微妙なマントル課題へ。
e0149092_145309.jpg

絶妙に小難しいらしく、皆さん苦戦。
中山君が、コバヤン兄貴の見つけたホールドのお陰でなんとか初登をキメる。
『千斬切(せんざんき)』初段だそうな。


ある程度で見切りをつけて、お次はここのファイナルプロジェクトになるであろう課題へ。
『強ければ、これも可能なラインになるんかねー』って感じでした。


そして、本日のメインへ。
まだ、到着したての頃は晴れてたんですな。。。
e0149092_1454253.jpg


被ってて非常にカッコイイ岩に引かれようとしている一本のライン。
バッタ先生が1トライ目からリップに到達し、リーチをかける。
e0149092_1455094.jpg

コバヤン兄貴&中山君は上部探り隊となって、波状攻撃。
またもコバヤン兄貴が素晴らしいホールドを見つけて、いよいよバッタ先生の完登が目前になったとき、
無情にも雨が降ってきた。

『にわか雨やろし、すぐに止むでしょ』と話していたのに、どんどん本降りになり、止む気配もない。
今日って雨降る予報じゃなかったのに・・・。

随分待ってはみたものの、リップがだだ濡れになっただけで、その後のトライは出来ずで本日終了。
バッタ先生、次回こそはサクッと決めちゃってください。
e0149092_146150.jpg

結局そのまま撤収となったけれど、帰り道で少し岩を偵察。
面白そうな岩がまだまだありました!!


今晩はいつものキャンプ場に泊まって、明日もこちらで登る予定だったけれど、
私が岩場でほぼ死亡状態だったのを見て、中山君が『うちは今日中に帰る』と言う。
『コバヤン兄貴にはもう言ってあるから』と。

皆さんにも非常に申し訳なかったが、ご迷惑をかけることにもなりかねんので、今回はおとなしく従う。
中山君も『嫁ありがとうキャンペーン』が終了して、やっと自分の楽しいクライミングが出来るってとこだったのに・・・。


帰宅して体温計ったら37.9℃。
これまた微妙な・・・。
ちょっと熱くて眠たいだけなんやけどな。。。

というわけで、早々に布団に潜り込み、就寝。
早く熱が下がればいいんだけど・・・。
[PR]

by ponpoko129 | 2009-12-12 23:59 | 高知&愛媛某所(高知・愛媛)


<< 2009/12/20(日) 尾...      2009/12/5(土) 小川... >>