ぽんぽこぶろぐ。①【2004.12~2010.9】

ponpoko129.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 21日

2009/11/21(土) チョックストーンエリア

週末の天気予報とひたすら睨めっこ状態だった今週。
土曜日の天気もなんとか持ちそうなので、リーチのかかっている中山君の『Nonius・SD』トライの為、
本日も前夜発でチョックストーンエリアへ。

先週『Nonius・lowスタート』が完成したばかりだし、いくらリーチがかかったとはいえ、
今日登れるとは限らない。
でも、彼のこの課題に対する思い入れが半端ないこともわかっていたし、
私は登れるまでひたすら付き合うつもりでいた。

本日の岩の感触を確かめる中山君。
e0149092_7563961.jpg

今日は風が時折吹くものの、日差しもあって適度に暖かく、岩のコンディションもいい。

中山君がいつものアップを開始する。
私はのんびり読書&撮影、時々昼寝。

最初のうちは、体の反応が悪そうだった中山君も、トライを重ねるうちに体が温まってきたようで、
止まると思っていなかった核心の1手が止まった!

あわわわ・・・となってしまい、カンテに足を上げた瞬間にすっぽ抜けて背中落ち・・・。
本人も私もいろんな意味でビックリ。

でも、このトライで本日の完登の確信を得たみたい。
私も完登の予感がしたので、動画撮影に入る。

スタートから、身長163cmの彼にとってはリーチパツンパツンムーブになる。
e0149092_7564551.jpg

lowスタート合流部分。ここも体の振られがなかなか厳しい。
e0149092_7565243.jpg

『Nonius』合流部分。全体の一番の核心。
e0149092_757099.jpg

スタートから淀みなく、ムーブが展開されていく。
最大の核心の1手を止め、体の振られに耐え、右足をカンテに上げる。
今回はこの足上げも確実に決まった。
後は、『Nonius』1級をこなすのみ。

しかし、これまで幾度となく登ったはずの『Nonius』のパートも、繋げてくると苦しそう。
ちょっとばかり動きが止まりそうになるのを見て、少しハラハラしたけれど、
最後はしっかり踏ん張り、見事トップアウト!
『Nonius・SD』が完成した瞬間だった。

ようやく安堵のときが訪れた。
岩から降りてきた中山君と喜びを分かち合う。
私も自分のことのように、本当に嬉しかった。

ひたすら1人でトライを続け、ムーブを見つけて解決していったので、時間こそかかったけど、
こんな素晴らしい課題を初登することができた中山君を羨ましくも思った。

感謝の気持ちを込めて、2人で岩を掃除し、チョックストーンエリアを後にする。
「もう一度最後に上からエリア見ていい?」という中山君の言葉に車を下りて、
チョックストーンエリアを眺める。
e0149092_20555970.jpg

『Nonius』の岩がとても小さく見えた。
あの岩に、自然の素晴らしい偶然が詰まってるなんて、ここからじゃ全くわからない。
なんだかとても不思議な気がした。



元々は『Nonius』の初登者・バッタ先生のプロジェクトだったこの課題。
快くトライすることを許可してくださったバッタ先生には、夫婦ともども本当に感謝しています。
ありがとうございました。

課題名も決まったようです。

『Nonius・lowスタート』が『審美』2段/3段
『Nonius・SDスタート』が『審美眼』3段
e0149092_22252672.jpg

【審美眼】・・・自然や美術などのもつ本当の美しさを的確に見極める能力

『このラインを見て美しいと感じるクライマーには、是非登ってもらいたい』そうです。

カンテを挟み込むムーブから付けられた『Nonius』もこの課題にぴったりの名前だけど、
真の美しさを見極めるという意味の『審美』、そして、その能力という意味の『審美眼』も、
この美しい、被ったカンテに伸びる1本のラインを象徴するいい名前だなと思い、私も賛成した。

中山君自身のクライミング人生で、最高の1本になった『審美眼』。
またこんな素晴らしいラインに出会えるといいね。
本当におめでとう。そしてお疲れさんでした。
[PR]

by ponpoko129 | 2009-11-21 23:46 | 高知&愛媛某所(高知・愛媛)


<< 2009/11/22(日) 小...      2009/11/14(土) チ... >>