ぽんぽこぶろぐ。①【2004.12~2010.9】

ponpoko129.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 19日

2009/7/19(日) 国体近畿ブロック予選1日目(リード)in星田

とうとうやって来ました、近畿ブロック当日。
1日目の今日は星田でリード。
早朝発でGさんと合流し、星田園地へ向かう。

ちょっと早いかと思ったが、到着すると案外他県の方々も揃っていた。
天気もいきなりさーっと雨が降ったり、陽がサンサンと当たったり、曇ったり。
でも、なんしか相当な湿度の高さ。
不快指数は半端ない感じだった。

私は予定通り、緊張感からいつものコンペ前のように便秘解消・・・と思ってトイレにかけこんだら・・・
なんと奴もやって来た。
絶対来るなよ~!って祈ってたのに。
寄りによって何故このタイミングなんだー。。。

でも、嘆いていても来ちまったものは仕方がない。
とにかくやれるところまで頑張るしかないのだ。
多分今日はまだ大丈夫だろう。
問題は明日・・・。


開会式の後、少年女子の競技。
その途中でアイソレーションに入る。
アップしてるとあっという間に汗だくだく・・・。
熱もこもってるせいか、空気が薄い気がして、温水に入れられた金魚みたいに口ぱくぱく状態。
貧血で頭がくらくらしてきた頃、オブザベーションに下りる。

成年女子は予想通り少年男子と同ルートを登るらしい。
2カテゴリー同時にオブザベ開始。
左壁の左半分をデマケーションテープで区切られたルートを登る。
必要以外のホールドは、今回全て外されており、
セッターの方々は大変だったと思うけど、選手にとっては大変ありがたかった。

でも、上部の悪そうな部分はインナーホールドが多く、
双眼鏡で覗いて見ても、イマイチよくわからん。
そして、あっという間にオブザベ終了。

順番はなんと兵庫県が一番で、しかもゼッケン順で私が先に登るので、本当に1番目。
緊張する間も与えられないまま、いきなり出番。
一応さらっと壁は見上げたけれど、いつもみたいに40秒いっぱい使うことなく、すぐに登り始めた。

下部はガバガバ。こんなにガバ連続にしなくても・・・と思うぐらい。
でも、この下部のおかげで変に緊張もせず、いいリズムに乗れたのかもしれない。

中間部ぐらいから、落としにかかる仕掛けを次々感じ始める。
でも、案外落ち着いていた。
自分にとって絶対落ちてはいけない場所もなんとなくわかる。
なんとかかんとかしながら、上部の核心手前の赤ホールドまで辿り着いた。

レストしながら上を見上げる。
この後は、終了点まで明らかに悪いホールドが連続している。
さあ、どこまでいけるか!?
e0149092_1461110.jpg

と、意を決して出発したものの、左のピンチの悪さに余裕がなくなり、
右のパターンに足を張って態勢を安定させる前に、右手のインナー2本指ポッケにデッドを出してしまった。

一度はポケットに指が吸い込まれたものの、体のバランスが完全に崩れてしまっており、
そのまま吐き出されてフォール。
むーん。落ちる時はちょっと呆気なかったかも。

でも、自分でも余裕がなくなるくらいいっぱいいっぱいだったので、
決して不完全燃焼の不意落ちではない。
まさに実力通りの結果で、それ以上でも、それ以下でもないと自分では思った。

でも、まだ私以外誰もこのルートを登ってないので、
後々登る人を見ていて落ち込む結果になるのかもなーとも思う。

私の次のGさんは、「なんとか越えて欲しい」と思ったポイントは越えてくれ、
まずまずの出来だった。
Gさんも私と同じく、それ以上でもそれ以下でもないという感じ。

後は他県代表の登りを見守る。
結果は、まさにほぼ予想通りだった。

1位:☆子さん 35+ 
2位:さーりちゃん、K子さん 35- 
4位:私 34-

この1手差、半手差に大きな壁があるんだなーと思う。
数字だけではわからない、大きな差。

でも、半ば諦め気味だったリードで、私もGさんもまずまずだったので、
チーム順位的には4位だったけど、それなりに納得して1日目の競技を終えた。

明日は、ナカガイジムでボルダー競技。
我がチームは、ボルダーをメインに頑張ってきたので、
明日はなんとか練習の成果を出したいところだけれど、さて結果は如何に?
[PR]

by ponpoko129 | 2009-07-19 23:59 | 国体近畿ブロック予選


<< 2009/7/20(祝) 国体...      2009/6/13(土)・14... >>